2008年、USBメモリなどを経由して感染を広げるマルウェアが多発

吉澤亨史

2009-01-20 12:23

 マカフィーは1月19日、2008年度のコンピュータウイルス、不審なプログラムについて、検知データの集計結果を発表した。ウイルスでは外部メディアにより感染を拡げる「Generic!atr」「PWS-Gamania.gen.a」などのAutorunワームが多かった。

 一方、電子メールで感染するマルウェアでは、「Spy-Agent.bv.dldr」 が日本だけでなく世界的にスパムメールとして配信された。

 2008年末からは「W32/Xirtem@MM」の亜種が多く発見された。また、SQLインジェクションによる攻撃も顕著で、脆弱点を修正していないアプリケーションを使ってアクセスしたユーザーが新たなマルウェアに感染するといった被害が数多くあった。また、マイクロソフトのServerサービスに関する脆弱性「MS08-067」を悪用して感染する「W32/Conficker.worm」の活動が年末に活発になり、さまざまな亜種も多く観測されたことから、2009年も引き続き注意が必要とのことだ。

 不審なプログラムでは、「WinFixer」といった偽のセキュリティソフトが多く発見された。これらの多くは悪質な動作が確認されたため、「FakeAlert」といったマルウェアに分類されるようになった。また、不審なプログラムの大半を占めたアドウェアのにはフリーソフトにバンドルされているものもあり、今後、感染経路が拡大するのではないかと懸念されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]