編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

LGとインテル、「Moorestown」チップ搭載のスマートフォン開発で協力

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル

2009-02-17 16:02

 Intelのアーキテクチャがスマートフォンに導入される。

 LG ElectronicsとIntelはバルセロナで開催のMobile World Congressで現地時間2月16日、Intelの「Moorestown」シリコンとLinuxベースの「Moblin v2.0」ソフトウェアプラットフォームに関連して提携を発表した。この提携において今後開発のLG製デバイスは、スマートフォンと言われており、初めて市場に出回るMoorestown採用製品の1つとなる見込みだ。

 Moorestownとは、現在のIntel「Atom」プロセッサの後継製品の開発コード名である。両社は声明の中で、「LGとIntelの共通の目標は、現在の高性能スマートフォンの機能を提供しながら、さまざまなモバイルデバイスで豊かなインターネット体験を実現することにある」としている。

 投資銀行Collins StewartのアナリストであるAshok Kumar氏によると、最も一般的なPCソフトウェアならおよそ稼働可能なIntelチップだが、携帯電話に搭載されるための鍵は、ネットブックPCに現在使用されているAtomチップよりも消費電力を減らすことだという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]