編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ドキュメントソリューションは経済後退期でも堅調な需要--IDC Japan調査

吉澤亨史

2009-02-17 13:15

 IDC Japanは2月16日、国内企業におけるドキュメントソリューションやドキュメントアウトソーシングに関する実績、今後の目的、予算規模などを調査分析した結果を発表した。

 この調査は、従業員規模100人以上の国内企業811社を対象に、過去5年以内に文書作成業務の見直しや再設計をするため、システム構築、出力機や入力機の追加導入や再配置などの「ドキュメントソリューション」を実施したかを調べたもの。

 調査結果によると、ドキュメントソリューションを実施した企業は全体の33.2%にあたる269社、実施回数は5年間で平均3.3回となった。また、今後の動向についても「現在検討中」とする企業が全体の27.3%にあたる221社となった。さらに、24.7%が「非常に必要」、55.1%が「やや必要」と回答しており、どの業種や従業員規模でもドキュメントソリューションの必要性がおおむね高い割合で認識されているとIDC Japanでは分析している。とりわけ、金融業や従業員1000人以上の企業は平均よりも高い数値を示したとのことだ。

 一方、ドキュメントソリューションに関連するサービスでは、出力機の台数や配置の評価、診断、適正配置とそれらのメンテナンスを一括で契約するなど、Managed Print Service(MPS)に関するサービスを期待する回答が上位を占めた。IDC Japanでは今回の調査結果を受け、経済後退期にあっても「ドキュメントソリューションやドキュメントアウトソーシングについての着実なニーズが存在している」と分析。文書の電子化とデータベース化で情報共有と意思決定に必要な書類の処理速度を向上させ、「情報武装」と「スピード経営」を目指す企業が増えていると指摘している。

 なお、取引実績先や今後の取引の検討先としては、富士ゼロックス、リコー、キヤノンなど大手プリンター、MFPベンダーが上位についた。富士通、IBM、大塚商会、NTTグループ、NEC、日立製作所などのITベンダーがその後に続く結果となり、規模が大きい企業ほどITベンダーとの取引を望む傾向があるとのことだ。

 IDC Japanのハードコピー・ペリフェラル&デジタル・イメージングのグループマネージャーである飛沢省二氏は「出力機器やプリントボリュームの管理などのニーズにきめ細かく対応することがベンダーに求められている」と分析している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]