Twitterに新たな攻撃--アカウントを乗っ取り、リンク投稿で危険なサイトへ誘導

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、高森郁哉

2009-03-09 12:42

 退屈な金曜日にささやかな楽しみを求めているTwitterユーザーは、どこか違うところで楽しんだ方がよさそうだ。

 セキュリティ研究者のRik Ferguson氏が書いたトレンドマイクロのブログによると、Twitterのユーザーアカウントを乗っ取る新たな攻撃が発生し、米国太平洋標準時3月6日午前11時(グリニッジ標準時午後7時)からの2時間で少なくとも700人分のアカウントが乗っ取られたという。

 被害に遭ったのは、ウェブカム経由で23歳の女性とチャットができるとTwitterのメッセージで誘われ、メッセージ中のリンクをクリックした人たちだ。

 Ferguson氏は、「今夜、大量のTwitterアカウント乗っ取りが発生しているようだ」と述べ、次のように説明している。

 「当然ながら、このリンクをクリックしないよう推奨する。リンクは成人向けのウェブカムポータルサイトにつながっており、これはどうやらクレジットカード情報を収集するために作られたサイトのようだ。影響を受けたユーザーは、できるだけ早くパスワードを安全なものに変更すべきだ」

 Twitterの共同設立者であるBiz Stone氏は、攻撃があったことを認め、同社が乗っ取られたアカウントのパスワードをリセットするとともに「スパム投稿」を削除した、と述べた。Stone氏はブログで、「本日、約750人のTwitterアカウントが乗っ取られ、そのアカウントを使ってウェブカムサイトへのリンクが投稿されたことが分かった」と書いた。他のサイトやサービスでも同様の攻撃が発生しているようだ。

 Stone氏はユーザーに対し、Twitterのアカウントに破られにくいパスワードを使用すること、他人には決してパスワードを教えないことを強く勧めている。

 Twitterでは2009年2月にも、ユーザーを騙してスパムを投稿させる一連のクリックジャッキング攻撃に対処したばかりだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]