無料音楽配信サイトのSpiralFrogが閉鎖--広告収入モデルに限界か

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、高森郁哉 2009年03月23日 12時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 広告収入によって運営する音楽サービスの先駆けとなったSpiralFrogが米国時間3月18日、静かに幕を閉じた。SpiralFrogのサイトは、太平洋夏時間3月18日午後4時ごろから何も表示されなくなった。

 同社に近い筋がCNET Newsに語ったところによると、SpiralFrogは運営を停止し、資産は債権者に引き渡されたという。SpiralFrogは2008年、事業を継続するために担保付き約束手形を発行し、ヘッジファンド数社などから少なくとも900万ドルを借りていた。

 SpiralFrogの関係者からは、今のところコメントは得られていない。

 ニューヨークを拠点に2006年8月に起業したSpiralFrogは、サイトの運営費を広告売上でまかないながら無料の音楽をネットユーザーに提供することを目指し、大きな話題となった。The New York TimesやReuters、USA TODAYなどメディア各社は、同サイトがいつかAppleの「iTunes Store」を脅かす存在になる可能性について疑問を投げかけている。

 一部には、SpiralFrogのビジネスモデルは違法なファイル共有の解決策になるという意見もあった。

 しかし、このビジネスモデルはいまだに実証されていない。2009年に入って事業を停止した広告支援型のサービスは、SpiralFrogで2つ目だ。大学生を対象としたRuckusも事業を停止している。

 広告支援型のサイトによって楽曲の売り上げは伸びるのか、それとも減るのか、大手レコード会社の幹部らが疑問を感じている中、両社は終焉を迎えた。

 SpiralFrogに近い筋によると、同社の場合は「マクロ経済の大嵐」を克服できなかったのだという。世界経済の冷え込みが、「資本市場の崩壊」や「広告市場の急速な縮小」と結びついて、SpiralFrogの倒産につながったと、この情報筋は述べた。

 しかし、それは原因の一部にすぎない。実のところ、SpiralFrogのサービスが音楽ファンの心をとらえたことは一度もなかった。同サービスでダウンロードできるのは、デジタル著作権管理(DRM)付きの楽曲に限られていた。同じ時期、iTunes StoreやAmazon.comといった有力な音楽サービスは、音楽を著作権保護ソフトウェアから解放し、さまざまな機器で再生できるようにしていた。

 さらに、SpiralFrogの音楽ライブラリは、iTunes StoreやImeemをはじめとする競合相手に比べて、常に楽曲数で大幅に劣っていた。4大レコード会社の最大手であるUniversal Music Groupと2006年の夏にライセンス契約を交わしてから、2番手のEMIと契約するまでほぼ2年かかっている。

 これはつまり、音楽販売の多くを占めるSony Entertainment GroupとWarner Music Groupの楽曲を、SpiralFrogが提供することはついになかったということだ。

 SpiralFrogでは、2人の最高経営責任者(CEO)が就任しては去り、経営陣と創設者のJoe Mohen氏が衝突した。そして、さらに重大だったのはおそらく、同社が負債に苦しんでいたことだろう。

 筆者は1年前の記事で、SpiralFrogが事業資金を借り入れ、返済期限の再交渉によって債務不履行を回避したことを取り上げた。その当時、同社の債務は900万ドルを超えており、2008年3月にその返済期限が1年間延長された。

 2009年2月にDigital Music Newsに掲載された記事は、SpiralFrogの債務返済期限が迫っているが、同社には返済手段がないかもしれないと示唆していた。

 SpiralFrogとRuckusの事業停止は、明白な疑問を投げかけている。それは、広告支援型の音楽サービスが淘汰されているのだろうか、というものだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]