EU、独占禁止法違反でインテルへの制裁を準備中か

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一 2009年04月24日 10時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 報道によると、独占禁止法に違反しているとして欧州委員会がIntelを処罰する方向で動いているという。

 ReutersBloombergの報道によると、欧州委員会は欧州連合(EU)加盟国に対し、世界最大のチップメーカーIntelに不利な決定の草案を配布しているという。

 過去の事例からすると欧州委員会は数週間以内に公式な決定を下すかもしれない、とReutersは報じている。

 欧州委員会は草案の中で、IntelはEUにおける独占禁止法に違反し市場の支配力を濫用している、と主張している。

 世界のPCプロセッサ市場において、真の意味でIntelのライバルといえるのはAdvanced Micro Devices(AMD)だけだが、AMDは2005年、独占禁止法違反を根拠にIntelを提訴している

 Bloombergによると、約500ページにおよぶ欧州委員会の草案は、この数週間のうちに27カ国の「競争局」に配布されていた。

 Intelは、AMDから提訴された2001年以来、EUとの摩擦が続いている。

 2008年7月、欧州委員会は欧州におけるチップメーカーとしての支配的な地位を濫用したとして、Intelをさらに非難した。欧州の小売店がAMDからプロセッサを購入しないように誘導した、という内容がそこには含まれていた。

 Intelはまた、「ある主要OEM」に対して、AMD製のCPUを搭載した製品の発売を遅らせるよう金銭的な見返りを提供し、また同OEMに対しIntelのみからCPUを購入した場合に「相当額の」リベートを渡したとして非難されている。

 Intelからのコメントは得られていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算