編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

MySQLの生みの親、業界団体Open Database Allianceを設立

文:David Meyer(CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-05-18 11:03

 初期のMySQLを作成したMichael 'Monty' Widenius氏が、業界内におけるオープンソースデータベースのハブとして機能することを目的とした業界団体Open Database Alliance(ODA)を設立した。

 ベンダーに依存しない同業界団体の設立は米国時間5月13日に発表された。資金を提供するのはWidenius氏のエンジニアリング企業Monty Programと、MySQLに関連したサービスとサポートを提供するPercona。

 ODAの声明によると、同団体はMySQLとその派生コード、バイナリ、トレーニング、サポートのハブとして機能するという。特にWidenius氏が開発したMySQLのブランチ「MariaDB」の開発を手掛ける。

 MariaDBは、コミュニティーベースで開発されたエンタープライズ向けのMySQLブランチ。MariaDBという名前は、Sun Microsystemsが「MySQL」の商標権を保有していること、そして、Mariaストレージエンジンを搭載していることに由来する。Widenius氏は娘にもMariaという名前を付けている。

 MySQLを開発するSunはOracleに買収される手続きの最中である。そのOracleは、MySQLと競合するプロプライエタリデータベースを所有している。ODAは声明で、設立の背景には、コミュニティーが直面する「不確実性」という要因もあるとしている。

 「Open Database Allianceは、MySQL関連のすべての開発やサービスを一元管理し、MySQLに関係したコミュニティー、企業、技術エキスパートが直面する分裂や不確実性へのソリューションを提供する」(ODA声明)

 Oracleによる買収が明るみになった際、Widenius氏はMySQLの将来に対する懸念をあらわにした。当時、同氏は「MySQLの将来にとって最大の脅威はOracleそのものではない。Sunの有能な人材が風のように散らばってゆき、それぞれの会社に去って、MySQLの開発やサポートが何年分も退化することだ」と述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]