編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Snow Leopard」のインストール、「Flash」をダウングレード

文:Jim Dalrymple(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-09-04 11:44

 あるセキュリティ専門家によると、Appleは、Mac OS X「Snow Leopard」に脆弱性のある古いバージョンの「Flash」を搭載しているという。

 Appleの同最新OSをインストールすると、Adobe SystemsのFlashが最新バージョンよりもセキュリティの低い、前のバージョンに戻ってしまう。Sophosのセキュリティ専門家であるGraham Cluley氏は米国時間9月2日、企業ブログへの投稿で、Appleは、最新の脅威からユーザーを保護しないバージョン10.0.23.1をインストールしていると述べた。

 「セキュリティを常に最新状態に更新している真面目なMacユーザーを、知らない間にダウングレードされるという目に遭わせるわけにはいかない」とCluley氏はブログに記している。「ハッカーらが常に、Adobeのコードのセキュリティホールを探していることは知られている。Flashは、MacでもPCでも多くのインターネットユーザーに広く使用されているため、非常に心配である」(Cluley氏)

 Cluley氏は、Macユーザーは「Flash Player」をただちに最新バージョンである10.0.32.18にアップグレードする必要があると述べた。さもなければ、ユーザーはこの数ヶ月間に検出されたFlashをターゲットとした脆弱性にさらされることになる。

 「優先度の高い項目として、これを実施する必要がある」とCluley氏は述べた。「Adobeは、セキュリティ脆弱性に関しては、『第2のMicrosoft』といえる。つまり、ハッカーらは同社のソフトウェアをターゲットとし、利用できる脆弱性を探している」(Cluley氏)

AppleInsiderより)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]