編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ノキア、「Ovi」用開発キットのベータ版をリリース

文:David Meyer(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部

2009-09-07 12:42

 ノキアが、「Ovi」アプリケーションプラットフォーム向けソフトウェア開発キットのテスト版をリリースした。

 同キットの提供は、ドイツのシュツットガルトで開催されたNokia World 09で、現地時間9月3日に発表された。また、自作アプリケーションへのナビゲーション機能組み込みを望む開発者向けの新しいAPIのリリースも併せて発表された。

 Oviソフトウェア開発キット(SDK)はウェブベースの開発者向けツールボックスで、Nokiaのスマートフォン向けOS「Symbian」または「Maemo」を搭載する端末向けに、ウェブサービスやアプリケーションを作成するために利用される。

 開発者は、CSSやHTML、JavaScriptといった標準的なウェブ技術を使って記述できる。

 Nokiaのブログ記事によれば、新しい「Ovi Navigation Player API」は既存の「Ovi Maps Player API」と併せて使うように設計されており、アプリケーションはユーザーを目的地まで導くことができるようになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]