編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

アップル、「Snow Leopard」をアップデート--「Flash Player」のバージョン問題に対応

文:Jim Dalrymple(Special to CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、福岡洋一

2009-09-11 10:01

 Appleは米国時間9月10日、「Mac OS X Snow Leopard」向けに比較的マイナーなアップデートをリリースした。同OSをインストールするとAdobe Systemsの「Flash Player」が前のバージョンに戻ってしまう問題を修正したものだ。

 Appleは8月28日にSnow Leopardをリリースした際、セキュリティ上の問題を持つことが確認されている古いバージョンのFlash Playerプラグインを搭載した。Sophosのセキュリティ専門家であるGraham Cluley氏はこの問題についてユーザーに警告し、Snow Leopardをインストールしたすべてのユーザーは直ちにFlash Playerをアップグレードするよう強く求めていた。

 今回のアップデート(Mac OS X 10.6.1)は、Flash Playerプラグインを、Adobeがリリースした安定版である最新バージョン10.0.32.18にアップデートすることで、この問題に対応する。

 Appleによる初めてのSnow Leopardのアップデートとして、これが大きなニュースだが、他にもマイナーな修正をいくつか盛り込んでいる。Mac OS X 10.6.1では、Sierra Wireless製3Gモデムとの互換性を改善したほか、一部のDVDが再生を停止してしまう問題に対処している。

 プリンタの互換性や、Appleの「Mail」アプリケーションにおける自動アカウント設定も改善されている。「Motion 4」が応答しなくなる問題も修正された。

 Mac OS X 10.6.1は、Appleのサポートウェブサイト、またはMac OS Xのソフトウェアアップデート機能を介してダウンロードできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]