編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

ジュニパー、アプリケーションプラットフォームと新チップセットを発表

鳴海淳義(編集部)

2009-10-30 15:55

 Juniper Networksは10月29日、ニューヨーク証券取引所で新しいアプリケーションプラットフォーム「Junos Space」と統合ネットワーククライアント「Junos Pulse」、そしてチップセット「Trio」を発表した。

 Junos Spaceではサードパーティーの企業がアプリケーションを開発し、Juniperの顧客に提供できる。すでにPacket Designが第1弾アプリケーションを開発した。Junos Spaceは2009年内に出荷される見込みで、SDKは2010年第2四半期までに公開されるという。Junos Pulseはアクセスコントロール、WAN高速化、SSL-VPN、アクセス管理などを1つのソフトウェアに統合したもの。

 新しいチップセットはTrioと呼ばれ、帯域幅、サブスクライバ、サービスの3方向にスケールできることが特徴。このチップセットはルータ製品「MXシリーズ」向けのモジュラーラインカードおよび3.5インチルータの新製品に搭載される予定だ。

Juniperの最高経営責任者、Kevin Johnson氏Juniperの最高経営責任者、Kevin Johnson氏

 さらにJuniperはDellとパートナーシップ契約を結んだことを発表した。DellのPowerConnectブランドでJuniperのルータ製品「MXシリーズ」、イーサネットスイッチ「EXシリーズ」、サービスゲートウェイ「SRXシリーズ」を販売する。

 Juniperの最高経営責任者であるKevin Johnson氏は、「この10年間でエンタープライズ製品、コンシューマー向けデバイス、動画サービスなどあらゆる機器、サービスがネットワークにつながってきた。今後はよりTCOを下げ、収益を向上させ、ネットワークの経済性を変えていかなければならない」と述べた。

 特に新しいチップセットの搭載製品においては、競合製品との間でどれだけ効率性に差があるのかを強くアピールした。

ニューヨーク証券取引所にはJuniperの垂れ幕が下がっていた。ニューヨーク証券取引所にはJuniperの垂れ幕が下がっていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]