編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

クオリティ、ビープラッツと共同で決済代行込みのクラウド型IT資産管理サービス提供

ZDNet Japan Staff

2009-12-01 20:15

 クオリティは12月1日、ビープラッツと協力し、クラウド事業に参画する企業向けに、決済代行サービスを含めたクラウド型IT資産管理サービスの提供を開始したと発表した。

 クオリティでは以前より、エンジン提供の形でクラウド事業者向けに「クラウド型IT資産管理サービス」の提供を行っている。同サービスは、ユーザー企業のシステム管理者に代わり、クライアントPCのセキュリティ対策状況やハードウェア、ソフトウェア管理情報を自動的に収集し、レポート化するもの。

 具体的には、Windows Update強制更新支援、セキュリティレベル診断サービス、セキュリティパッチ適用状況確認、ウイルス対策ソフト状況確認、禁止ソフト検出機能、ライセンス利用状況確認、ハードウェア一覧確認、ソフトウェア一覧確認といった機能が含まれる。SaaS形式で提供されるサービスのため、ユーザー企業における資産管理システム構築等の必要がなく、システム管理者の負荷やコストを低減できるという。

 ただ、これまで月額課金や従量課金のシステムを持たないSI企業などでは、このサービスを企業ユーザー向けに提供したいという希望があっても事業化が難しいという課題があったという。

 今回、クオリティでは、ビープラッツが提供する、決済代行までを行うサービス流通支援システム「SaaSplats(サースプラッツ)」上でIT資産管理サービスを提供する。これにより、IT資産管理サービスを事業として展開したい企業は、自社で決済システムを持つ必要がなくなり、より容易に同事業への参入が可能になるという。

 また、販売会社に対してはネットワールドとともに普及活動を行っていくという。

 SaaSplats上で提供される同サービスのエンドユーザー向け参考価格は、初期導入費用が1社あたり5万円。サブスクリプションライセンスが1PCあたり月額500円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]