資産管理、セキュリティ、コンプライアンス--三種の神器を手に入れたLANDesk Software

山下竜大(編集部) 2007年09月12日 19時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LANDesk Softwareは、好調なビジネスを維持している。2005年4月、同社の代表取締役に就任した今井幹夫氏は、「入社から2年半、数字的に見ても好調が続いている。ワールドワイドでも25〜30%の成長が発表されているが、日本市場も同等の成長を続けている」と話す。

 Intelからスピンアウトした2002年当時は、70%がOEMやディストリビューションによるビジネスであり、残りの30%がパートナー関連のビジネスだった同社。しかし2006年には、その割合が全く逆になり、70%がパートナー関連ビジネスで、残りの30%がOEM関連ビジネスとなっている。

 「さらに言えば、OEM関連ビジネスにおける2006年の30%という売上は、2002年の70%の売上とほぼ同等の数字。つまり、パートナー販売が急激に拡大したことを示している」と今井氏。この成長の原動力となっているのが、セキュリティ分野およびコンプライアンス分野へのビジネスの拡大、そしてAvocentによるLANDeskの買収にある。

 「これまでLANDeskは、資産管理ソリューションを提供する会社というイメージが強かった。しかし現在では、セキュリティ管理の会社というイメージがかなり強くなっている。さらに2007年からは、次のフェーズであるコンプライアンスの分野へとビジネスの範囲を拡大している」(今井氏)

 同社は7月11日に、シーア・インサイト・セキュリティ(SIS)との提携を発表した。この提携の第1弾として両社は、SISのコンプライアンス製品をLANDesk製品として完全に統合したコンプライアンス対策ソリューション「LANDesk Compliance Manager powered by SIS(LDCM)」の提供を開始している。

LANDeskの今井社長 LANDesk Softwareの代表取締役に就任した今井幹夫氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算