編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

データセンターからハンドヘルドまで一元管理を実現する新生「LANDesk」

山下竜大(編集部)

2007-02-08 18:34

 LANDesk Softwareは2月8日、2007年の戦略についてプレス向けに紹介する説明会を開催した。同社は2006年9月に、Avocentとの合併を発表しており、現在ではAvocentグループとしてビジネスを展開している。

 AvocentのLANDesk部門担当ゼネラルマネジャー、Steve Daly氏は、まずAvocentによるLANDeskの買収について「完全なIT環境の一元管理を実現すること、あらゆるITプラットフォームをサポートできること、インバウンド/アウトバウンドのシステム管理、各スタックにおける管理ソリューションの提供が主な目的だった」と話す。

LANDeskのデイリー氏 AvocentのLANDesk部門担当ゼネラルマネジャー、Steve Daly氏。

 「過去2年、AvocentはLANDeskのISVパートナープログラムに参加していたので、LANDeskのことは良く知っていた。2つの会社に強力な協業関係があったのはもちろん、製品戦略上の融和性や補完性も十分だった。なにより、2つの会社は共通の目的を持っていた」(Daly氏)

 同氏が言う共通の目的とは“あるあらゆるプラットフォームをひとつのコンソールで管理したい”という両社の方向性だ。データセンターセンターを集中管理するソリューションを提供するAvocentと、デスクトップ環境を集中管理するソリューションを提供するLANDeskが統合されることで、データセンターからサーバ/クライアント、そしてハンドヘルドデバイスまで、あらゆる環境の一元管理が可能になる。

 Daly氏は、「相乗効果により市場における好位置を持続させるのはもちろん、さらなる急成長を実現したい。LANDeskは、今後も独立事業部門として運営していくが、既存のLANDesk戦略を加速させると共に、人材やマーケティング、エンジニアリングなどに対する投資を継続していく」と話す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]