迷惑メール撲滅へ、JPCERTがブラジルと発信者の情報交換を開始

吉澤亨史

2010-01-12 12:05

 一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)および財団法人 日本データ通信協会は1月8日、ブラジルとの間で迷惑メール発信者のIPアドレスなどについて1月より情報交換を開始すると発表した。

 インターネット上を流通するメールの約70%は迷惑メールといわれている。日本ではこの問題に対し、特定電子メール法の改正やフィルタリングなどの技術的対応を取っており、国内から送信される迷惑メールの割合は以前に比べて減少しているが、海外から送信される迷惑メールは依然として大きな課題になっている。

 日本データ通信協会では中国および香港と2007年12月から、台湾と2008年5月から迷惑メール発信者のIPアドレスなどの情報交換を開始している。これに次ぐ形で今回、日本着の迷惑メール送信国の上位であるブラジルとの間でも国際連携を進めていくため、ブラジルのインターネットセキュリティに関わる問題を取り扱う機関であるCERT.brとの間で迷惑メール発信者のIPアドレスなどの情報を交換することに合意した。日本側からの最初の情報提供は1月13日に行う予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]