編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ブランドダイアログ、SaaS型のSFA/CRM製品「Knowledge Suite」を販売開始

浅賀美東江

2010-01-19 17:52

 ブランドダイアログは1月19日、SaaS型SFA/CRM製品「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」の正式販売を開始した。

 同社は、独自開発したグリッド技術「プロモーショナルグリッド」で、同社のサービスを利用するPCやサーバの遊休資源をクラウド化し、大規模な仮想スーパーコンピュータを構築している。これを自社SaaS事業のコスト削減に利用したり、企業などに提供することで、SaaS型グループウェア「GRIDYグループウェア」を無償提供するなどしてきた。

 今回、約3カ月間のテストマーケティングを実施し、ユーザー企業から高い評価を受けたSaaS型のSFAアプリケーション「GRIDY SFA」の正式販売を開始した。

 GRIDY SFAは、営業日報や獲得した名刺の企業情報を元に、見込み顧客や営業進捗、売り上げを管理し、売り上げ予測を立てる顧客管理サービス。ブランドダイアログによると、すでに2009年12月より既存顧客に販売を打診しており、すでに約40社の先行予約があるという。

 Knowledge Suiteは、GRIDYグループウェアやGRIDY SFAのほか、「GRIDY CRM」「GRIDY CENTER」「GRIDY AGENCY」「GRIDY AFFILIATE」の計6つのアプリケーションで構成される。ほかのアプリケーションについては2010年春以降に順次提供していく予定だ。

 サービスの利用は、すでにGRIDYグループウェアを導入している企業であれば、申し込みから最短約1営業日、新規で導入する企業は、申し込みから最短約2営業日で利用できる。なおGRIDY SFAの料金は初期費用無料、月額費用は1データレコード利用につき10円となっている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]