編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

インテル、基幹業務システム向けにItanium 9300番台を発表

ZDNet Japan Staff

2010-02-09 16:21

 インテルは2月9日、基幹業務システム向けの「インテル Itanium プロセッサー 9300番台」を発表した。開発コード名「Tukwila」と呼ばれていた同プロセッサは、前世代製品と比べ2倍以上パフォーマンスが向上したという。

 Itanium 9300番台は4コアを搭載しており、「インテル ハイパースレッディング・テクノロジー」によってプロセッサあたり8つのスレッドを扱うことが可能。前世代製品に比べ、最大8倍のシステムインターコネクト帯域幅と最大5倍のメモリ帯域幅、最大7倍のメモリ容量をサポートする。

 また、新プロセッサは第2世代の「インテル バーチャライゼーション・テクノロジー」を搭載、「インテル 7500 チップセット」が仮想マシンにI/O デバイスを直接割り当てることで、パフォーマンスの向上とI/Oの効率化が実現するという。

 Itanium 9300番台の仕様と価格は以下の通り。

Itanium インテル Itanium プロセッサー 9300番台

 現在開発段階にある次世代のItaniumプロセッサ「Poulson」(開発コード名)および将来のItaniumは、今回発表した9300番台搭載のシステムやソフトウェアと、ソフトおよびバイナリ互換が維持できるよう設計される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]