編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

ニュアンス、「Mac」向け音声認識ソフトウェアを手がけるMacSpeechを買収

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-02-17 18:08

 Nuance Communicationsは米国時間2月16日、「Mac」ユーザー向けに音声ディクテーションおよび音声認識ソフトウェアを提供するMacSpeechを買収したと発表した。

 Nuanceは、Mac環境とMacユーザーに関するMacSpeechの経験を踏まえ、拡大を続けるMac市場へ進出する重要なチャンスとして、今回の買収を求めた。Nuanceによると、同社の「Dragon」シリーズ製品のブランドと知名度、マーケティング、研究開発をMacSpeechシリーズ製品にも応用し、Macユーザーのシェアをさらに拡大していく計画だという。MacSpeechは以前より、同社の「MacSpeech Dictate」ソフトウェアでDragon音声技術エンジンをライセンス使用している。

 Nuanceのシニアバイスプレジデントで、Dragon担当ゼネラルマネージャーでもあるPeter Mahoney氏は、声明の中で次のように述べている。「何年もの間、弊社の顧客、そしてMacコミュニティー全体から、DragonをMac環境で使いたいという声を聞いてきた。MacSpeechは2008年、Dragonの基盤となるディクテーション技術のライセンス供与を受けて、MacSpeech Dictateを完成させた。その需要は拡大の一途をたどっており、われわれが先ごろリリースした『iPhone』向け『Dragon Dictation』によってさらに加速している」

 Nuanceは2003年にIBMの「ViaVoice」製品を買収して以来、「Windows」ユーザー向けの音声ディクテーション分野を事実上支配してきた。Nuanceは昨今、iPhoneユーザー向けにDragon Dictationと「Dragon Search」をリリースするなど、モバイル市場への参入も進めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]