編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

物理、仮想、クラウド環境に一元的なセキュリティを提供--Deep Security

新澤公介(編集部)

2010-03-03 19:21

 トレンドマイクロは3月2日、「明日のIT環境に対応した新しいセキュリティ対策」と題したセミナーを開催した。

 トレンドマイクロ マーケティング本部 本部長の九里禎久氏は、「明日のIT環境に対応したサーバセキュリティソリューション Deep Security 7.0」と題して講演。トレンドマイクロ取締役 日本地域担当の大三川彰彦氏の講演で指摘された、物理および仮想化が混在する環境での、データの管理や追跡、セキュリティレベルの統一といった課題に対応するソリューションを紹介している。

久里禎久 九里禎久氏

 トレンドマイクロが3月1日に受注を開始した「Trend Micro Deep Security」は、物理環境と仮想環境、そしてクラウドコンピューティング環境のいずれにも対応。統一されたセキュリティレベルで保護を提供する。

 サーバに対してIDSやIPS、ウェブアプリケーションプロテクション、ファイアウォール、改ざん検知、セキュリティログ監視といった5つの機能を1つのシステムで提供できるのが特長だ。九里氏は、脆弱性パッチの適用作業やセキュリティツールの管理、仮想環境への移行など、サーバセキュリティにおいてIT管理者が抱える悩みに対応すると述べている。

 すでに北米で提供しているTrend Micro Deep Securityは、金融機関や医療機関、人材管理や健康保険といった分野で導入されている。

  • 5つの機能を1つのシステムで提供する

  • IT管理者が抱える課題に対応

  • 北米での導入実績

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]