編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Itanium 9300番台搭載サーバが続々登場--NEC、日立、日本HPのモデルまとめ

冨田秀継(編集部)

2010-04-27 19:43

 インテルの基幹システム向けプロセッサ「インテル Itanium プロセッサー 9300番台」を搭載するサーバ製品が4月27日、各社から発表された。本稿ではNEC、日立製作所、日本HPの各モデルをまとめた。

NEC「NX7700iシリーズ」

 NECが発表した「NX7700iシリーズ」には、CPUを64プロセッサー(256コア)まで、メモリを8テラバイトまで拡張できる最上位モデル「NX7700i/7320H-256」をはじめとして、ブレード型サーバの3モデル、ラックマウント型のエントリモデルの計5機種がラインアップ。同日より販売活動を開始している。

 最上位モデルのNX7700i/7320H-256では、稼動させるCPUコア数分に応じて支払う金額が変動するユーティリティプライシングを採用している。OSは「HP-UX」を搭載しており、NECのミドルウェア「CLUSTERPRO X HAシリーズ」などと組み合わせることで、データベース、サーバ統合、クラウドサービス基盤などに対応できるとしている。

 NECでは今後、同社独自の技術を付加したItanium9300番台搭載の高信頼性モデルを製品化する予定だ。

NEC NX7700iシリーズ
製品名参考価格(税抜き)出荷予定時期
NX7700i/7320H-2562706万円〜10-12月
NX7700i/7010B-321555万6000円〜5月下旬
NX7700i/7010B-16712万8000円〜5月下旬
NX7700i/7010B-8160万9000円〜5月下旬
NX7700i/7010E-8145万2000円〜10-12月

日立「HA8500シリーズ」

 日立製作所が発表した「HA8500シリーズ」5機種では、全てのモデルにItanium 9300番台を搭載する。また、ハイエンドモデルの「HA8500/SD」とミッドレンジモデルの4機種でブレード型を採用しているのが特徴。4月28日より販売を開始する。

 従来のモデルと比べ約2倍のシステム処理性能を実現しているという。また、メモリコントローラをプロセッサに内蔵することで、両者間の伝送速度を従来モデル比で最大6倍に向上させた。こうした性能強化により、ミッションクリティカル分野のオンラインシステムやデータベースなど、大量データを伴う業務処理をより迅速に実行可能だとしている。

日立 HA8500シリーズ
製品名価格出荷開始時期
HA8500/SD2933万7000円〜10月29日
HA8500/BL8902329万7400円〜6月30日
HA8500/BL870976万800円〜6月30日
HA8500/BL860205万650円〜6月30日
HA8500/310213万4650円〜10月29日

日本HP「第2世代HP Integrityサーバ」

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、64プロセッサー(256コア)まで拡張できる最上位機種の「HP Integrity Superdome 2」をはじめ、ブレード型サーバの3機種、ラックマウント型の計5機種をラインアップ。全機種にItanium9300番台を搭載する。

 最上位機種のSuperdome 2は、ミッションクリティカル用途だけでなく、クラウド基盤としても活用できるという。日本HPによれば、同社独自のサーバ設計によって、従来製品と比べ最大9倍のパフォーマンスを実現しているという。

日本HP 第2世代HP Integrityサーバ
製品名参考価格出荷開始日
HP Integrity Superdome 22841万3000円〜9月上旬
HP Integrity BL890c i21633万3800円〜5月上旬
HP Integrity BL870c i2748万4400円〜5月上旬
HP Integrity BL860c i2168万9450円〜5月上旬
HP Integrity rx2800 i2152万4600円〜9月下旬

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]