編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

2010年度のIT投資意欲は過去最低水準--大企業の「回復感」波及に期待

大河原克行

2010-04-19 09:30

 2010年度の企業のIT投資意欲は、過去最低水準に−−。

 872社(2010年4月1日現在)のユーザー企業が加盟する社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)が発表した「企業IT動向調査2010」の結果は、依然として日本企業のIT投資意欲が回復していないことを示すものとなった。

 同調査は、ITユーザー企業のIT動向を把握することを目的に実施しているもので、今年で16回目となる。東証一部上場企業を中心に、4000社に対して調査票を発送。そのうち、IT部門で1026社、経営企画部門で953社の回答を得ている。A4用紙で24ページという膨大な調査票に対して、これだけの数の有効回答を得ているという点で、日本の大手企業のIT動向を掌握する上では、極めて興味深い調査結果だといえる。

 これによると、2010年度のIT予算が10%以上増加すると予測した企業は19%。また10%未満の増加とした企業は12%。不変とした企業は33%と3分の1を占めた。これに対して、10%未満減少すると回答した企業は18%、10%以上減少するとした企業は17%に達し、全体の35%を占めた。

 「増加する」とした企業の割合から、「減少する」とした企業の割合を引いたDI値では、1994年度の調査開始以来初のマイナスとなる「マイナス4ポイント」となった。

 同協会では「これまで毎年増加の一途を辿ってきたIT予算は、2009年度が減少への転換点となっている」と分析している。

IT予算のDI値 2010年度のIT予算のDI値(増加割合−減少割合)は、1994年度の調査開始以来、初のマイナスとなった。(出典:JUAS「企業IT動向調査2010」、画像クリックで拡大表示)

 だが、いくつかの角度から見てみると、明るい兆しも見え始めている。

大企業の計画値は大きく回復--中堅中小への波及に期待

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]