編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ソニックウォール、メールセキュリティのアプライアンス新製品発表

吉澤亨史

2010-06-11 12:05

 ソニックウォールは6月9日、メールセキュリティアプライアンス「SonicWALL Email Security」の新製品とそのソフトウェアアプライアンスとなる「SonicWALL Email Security Virtual Appliance Suite」を発表した。前者は今夏以降に出荷開始予定、後者は同日から利用が可能となっている。

 SonicWALL Email Securityは、迷惑メール(スパム)、ウイルス、フィッシング攻撃、情報漏洩やコンプライアンス違反から企業を保護するアプライアンス製品。微調整が可能な柔軟性と、システムに負荷をかけないシグネチャ更新により、最新の脅威に対応するという。今回は、大企業企業向けの「SonicWALL E-Class Email Security Appliance 8300」と中堅中小規模向けの「SonicWALL Email Security Appliance 4300」「同3300」をラインアップに追加した。

 大規模企業向けのE-Class Email Security Appliance 8300は、送受信されるメールをスキャンし脅威に対処する。また、機密データの漏洩を防止することで規制遵守をサポートできるとしている。中堅中小規模向けのEmail Security Appliance 4300/3300は、効果的にスパム対策を行うとともに低価格化を実現している。

 またEmail Security Virtual Appliance Suiteは仮想アプライアンスとなっており、幅広い企業規模に対応する。事前に障害が発生することを想定し、被害を最小限にとどめるためのフェイルセーフ設計により耐障害性を高めている。容易な運用、管理の簡素化、リソースの統一、セキュリティ強化、パフォーマンスの最適化、総所有コスト(TCO)の削減を実現するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]