編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ソニックウォール、スループットが従来比2.5倍の統合脅威管理製品を発表

小山安博

2010-01-20 13:21

 ソニックウォールは1月20日、ホームオフィスや小規模ネットワーク向けの統合脅威管理(UTM)アプライアンス「SonicWALL TotalSecure TZ 100シリーズ」を発表した。従来製品と比べ、スループットが2.5倍向上しているという。

 新製品は、既存の「TotalSecure TZ 180(10ノード)」の後継機種にあたり、サポート可能なノード数が無制限となったほか、OSも「SonicOS Standard」から「SonicOS Enhanced」へアップグレードされた。

 ファイアウォール、IPsec/SSL VPN、ゲートウェイウイルス対策、IPS、コンテンツフィルタリングなどのセキュリティ対策を提供する。セキュリティ管理者がいない環境でも、容易に導入できる点がメリットという。

 シリーズとしては「TZ 100」に加え、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)に対応した「TZ 100 Wireless」の2製品が用意され、いずれもイーサネットポート×5を備える。同社が特許を持つ「ディープパケットインスペクションエンジン」を搭載し、大規模向け製品と同じスパム対策技術「Comprehensive Anti-Spam Service(CASS)」、アプリケーション識別、帯域管理などの機能も備える。最大コネクション数は6000。ステートフルファイアウオールは100Mbps。VPNは75Mbpsで、全機能を使う場合は25Mbpsのスループットとなる。

 SoncWALL TotalSecure TZ 100の発売日は1月20日で、価格は11万4000円。同Wirelessは今春以降発売予定で、発売後3カ月間のキャンペーン価格が11万4000円となる。価格はいずれも税別で、初年度分のメーカーサポート、ウイルス対策などでのサブスクリプションライセンスが含まれる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]