編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

60億ドルのセキュリティ投資は一体どこに行くのか(ZDNet Japanブログより)

Richard Stiennon(Fortinet)

2008-02-05 11:13

 今朝(米国時間1月28日)のウォールストリートジャーナルによると、ブッシュ政権は、1年間でなんと60億ドルをサイバーセキュリティに投資しようとしています!

 彼らは、米国の電子通信システムが適切に保護されていないことを指摘し、改善のためにはこれだけの予算が必要であると主張しています。ひとつ問題があるとすれば、政府がこの資金の具体的な用途を議会で明らかにしていないことです。

 まず、この予算の大きさについて、私の見解を述べたいと思います。60億ドルという金額は、ファイアウォール業界全体の市場規模よりも大きなものです。そうです、チェックポイント、シスコ、ジュニパーネットワークス、ウォッチガード、ソニックウォール、および世界中で20を超えるその他のベンダー全てのファイアウォールの総売上高を合わせても60億ドルには遠く及びません。ちなみに、セキュリティ業界の市場規模は、240億ドルに満たない状況です。

 連邦政府は、いったいどうしたら60億ドルもの資金をサイバーセキュリティに使うことができるのでしょうか?彼らはそれについて、説明なしで、実体のよく分からないものを議会で承諾させようとしているのです。

全文はこちら--「脅威のカオスに立ち向かう」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]