編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

明治安田生命、請求確認システムを1週間で構築--Force.comを基盤に

田中好伸 (編集部)

2011-07-04 13:33

 明治安田生命はPaaS「Force.com」を基盤にして、東日本大震災の被災地の保険請求や支払い状況を管理する「請求確認状況入力システム」を構築し、5月から稼働させている。セールスフォース・ドットコムが7月4日に発表した。

 明治安田生命は被災地の顧客情報や状況を正確に把握し、請求手続きと保険金などの支払いを進めるためにForce.comを採用。請求確認状況入力システムは、約60万件の契約について顧客への訪問、支払いなどの申し出、顧客あての通知や電話などの状況を集約して、共有・管理している。

 要件確定後、約60万件の対象データの移行も含めて1週間でサービスを立ち上げたという。本社や支社、営業所の約400人が利用している。明治安田生命は「Force.comを活用することで、従来の手法に比べてはるかに低いコストと短期間で約60万件のデータベースを構築できた」と説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]