編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

生保向けクラウドの米アイパイプライン、日本市場に参入へ

富永恭子 (ロビンソン)

2011-09-28 18:07

 生保向けクラウドサービスを提供している米iPipelineは9月28日、日本市場への本格参入を発表した。アールティーエム株式会社に日本事務所を開設し、電子申請書システム「iGO e-App」を始めとする同社製品群のローカライズを進めているという。

 iPipelineは保険および金融向けに、CRM、フォーム、提案や見積、iGO e-App、代理店管理といった機能をクラウド経由で提供している。

 米国の保険会社の例では、iGO e-Appの導入によって、従来45〜60日かかっていた成約までの時間を7〜21日までに短縮できたという。また、クラウドによる情報の集約化、成約率と顧客満足度の向上、TCOの削減といったメリットも生まれたとしている。

 iGO e-Appは2012年1月に国内で提供を開始する予定。iPipelineでは、今後3年間で同社の世界での売上のうち10%を国内販売で達成することを目指し、国内市場における技術および販売パートナーの開拓と協業の推進を図るとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]