編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Ubuntu 11.10が持つ10の美点--改善されたUnity

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2011-11-16 07:30

 以前の失望については忘れて欲しい。最新リリースのUbuntuでは、多くの角が丸められ、本当の改善が加えられている。

 Ubuntu 11.10がリリースされた。このリリースは結局「.10」リリースに過ぎない。にもかかわらずこれが重要な理由は、大きな問題を抱えていたUnityだ。Ubuntu 11.04がリリースされた直後には、Unityは悪夢であり、Linuxのデスクトップを(少なくともUbuntuについては)何歩も後退させてしまったように見えた。Unityはこれまでとはまったく異なるデスクトップのメタファーだが、たまたまバグが多く、古いライブラリを使っており、将来の展望もほとんど示せていなかった。しかし11.10のリリースによって、多くのことが改善された。この記事では、Ubuntuが希望を与えてくれた10の項目を紹介したい。

1.Unity Dash

 Unity Dashは、画面左上の角にあるUbuntuアイコンをクリックしたときに開くユビキタスツールだ。これを使って、アプリケーション(お気に入りバーにないもの)やファイル、検索などにアクセスすることができる。Unityが最初に登場したしたときには、Dashはあまり価値のないもので、ネットワーク接続がないWebサーバのようなものだった。しかし今では、Dashにはかなりの改善が加えられており、動作も効率的で、機能も増えている(新しいフィルタリングのメカニズムなど)。11.10でのDashの進歩が、今後の展望を示しているのであれば、Unityは今後エンドユーザーに対して魅力あるものになるかもしれない。

2.ログイン画面

 これは大きな話ではないのだが、Ubuntu 11.10の新しいログイン画面は大変よい。見た目や感触が劇的に変わっただけでなく、使いやすさも大きく向上している。わたしは、ユーザーの表示・選択が簡単になったことや、開始するデスクトップを選択する手段が改善されたことを非常に評価している。これは、決定的と言えるほどの強化ではない。しかし、Ubuntuの以前のログイン画面よりも、格好が良く、新しい感じを与えてくれる。

3.2Dのユーザーインターフェース

 2D版のUnityがようやく完成した。おかげで、3D版のUnityでサポートされないハードウェアを持っている人も、最新のUbuntuを使えるようになった。3D版でサポートされないハードウェアの場合、自動的に2D版のUnityが起動される。したがって、エンドユーザーは2Dを選択できるわけでも、ハードウェアによって何かをインストールするわけでもない。良いニュースは、2D版は3D版に近い形でモデル化されており、2Dユーザーが見逃すものは多くないということだ。

4.Evolutionの廃止

 Ubuntuはデフォルト電子メールクライアントをEvolutionを違うものに変更した。Evolutionはアプリケーションとして肥大化しすぎており、この転換はもっと前に行われているべきだった。新しいデフォルトメールクライアントはThunderbird 7.0.1だ。わたしの見方では、これは素晴らしい選択だ。一部のユーザーは、EvolutionのOutlookに似たインターフェースを恋しく思うかも知れないが、Evolutionのサイズとスコープはその便利さを上回る問題になり始めていた。それに、Thunderbirdは極めて優れたクライアントだ。

5.Gwibberの作り直し

 ようやくだ。これまで、Gwibberは避けるべきアプリケーションだった。GwibberはCPUサイクルとメモリを無駄に使う傾向がある上に、インターフェースは見にくく、アップデートは一貫していなかった。とにかくGwibberは使う気が起きるものではなかった。しかし、わたしは今ではGwibberを気に入っている。UIのオーバーホールはうまくいっており、性能の向上ぶりは、このソーシャルネットワークアプリケーションを使う価値のあるものにしている。なぜこんなに素早く劇的に改善されたのだろうか。開発者はようやく頭を働かせ、PythonとWebKitベースのアプリケーションのインターフェースを、GTK3とValaベースのインターフェースに切り替えたのだ。これは名案だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]