編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Ubuntuのマーケティング責任者:クラウドやビッグデータにチャンスがある

末岡洋子

2011-08-03 15:47

 Ubuntuは世界中に多くのファンを持つLinuxディストリビューションだ。2004年に初の正式版をローンチして以来、着実にファンを増やしてきた。4月にリリースした「Ubuntu 11.04(Natty Narwhal)」のダウンロードは500万〜1億、ダウンロード件数はリリース毎に増えているという。

 WindowsやMacの代替ではなく、Ubuntuという独自のディストリビューションを目指すというコミュニティの長い取り組み。Ubuntuを支援する英Canonicalでコミュニケーション担当ディレクターを務めるGerry Carr氏に、Ubuntu 11.04で導入された機能、エンタープライズ(企業向け)戦略、ビジネスなどについて話を聞いた。

--Ubuntu 11.04で新UI「Unity」を導入した背景は何か

Gerry Carr氏。Ubuntu 11.10は、これまでローンチしてきた機能を安定、洗練させることに注力しているという Gerry Carr氏。Ubuntu 11.10は、これまでローンチしてきた機能を安定、洗練させることに注力しているという

 Ubuntuユーザーのエクスペリエンスを、われわれが責任をもって改善していくという決断を示すものです。

 これまでUbuntuは、オープンソースのさまざまな技術を組み合わせて素晴らしいディストリビューションを作成し、成功を収めてきました。しかし、ルック&フィール、インタラクション、アプリケーションの一貫性などでギャップが生じていました。たとえば、GNOME ShellはGNOMEアプリケーションではきちんと機能しますが、それ以外ではそうでもなかったのです。

 全体のエクスペリエンス改善を我々が管理していくためには、独自のUIが必要でした。2〜3年前にこのような結論に達し、デザイナーを起用するなどしてユーザー中心のデザイン開発の取り組みを進めました。さまざまな取り組みを“Unity”として正式にブランディングし、導入したのがUbuntu 11.04です。今後、反応を見ながら次期LTSに向けて作業を進めていきます。

 Ubuntu 11.04では、3Dドライバに対応していない場合はUbuntu 10.10のインターフェースとなります。開発中のUbuntu 11.10では、未対応の場合は「Ubuntu 2D」となり、対応している場合は「Ubuntu 3D」となります。

Ubuntu 11.04では、Unityを中心にユーザーエクスペリエンスの改善を図った。Launcherアイコンは、画面サイズの横広トレンドを受けて縦配列とした※クリックで拡大画像を表示 Ubuntu 11.04では、Unityを中心にユーザーエクスペリエンスの改善を図った。Launcherアイコンは、画面サイズの横広トレンドを受けて縦配列とした※クリックで拡大画像を表示
Ubuntu 11.04より標準となった音楽アプリ「Banshee」。インジケーターのアイコン上にマウスを重ねるとコントローラーが表示されるので、画面スペースを有効に活用しながら音楽を楽しめる※クリックで拡大画像を表示 Ubuntu 11.04より標準となった音楽アプリ「Banshee」。インジケーターのアイコン上にマウスを重ねるとコントローラーが表示されるので、画面スペースを有効に活用しながら音楽を楽しめる※クリックで拡大画像を表示

--デスクトップ向けのLinuxは、それほど普及が進んでいない。WindowsやMac OSなど他のOSと比較した場合、Ubuntuの現状をどう考えているか

 比較はできません。しかし、Ubuntuを含むデスクトップLinux分野全体の課題として「我々は代替である」ことが挙げられます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]