編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

Ubuntuのマーケティング責任者:クラウドやビッグデータにチャンスがある - (page 4)

末岡洋子

2011-08-03 15:47

--タブレットやスマートフォンなどのモバイル市場、車載システムなどのIVI市場をどう見ているか

 タブレットは現在、ソフトウェアとハードウェアが密に結びついており、デスクトップのようにウェブサイトを訪問してUbuntuをダウンロードすることができません。興味深い分野ですが、タブレット版を用意する計画は現時点でありません。しかし、COMPUTEX TAIPEIではタブレットでUbuntuを動かすプロトタイプ機が展示されていましたが、これは歓迎すべき動きです。

 モバイルでは、Ubuntuをスマートフォン向けに進化させる計画はありませんが、携帯電話が高機能になってコンピュータ化が進めば、Ubuntuが果たす役割はあると考えています。たとえば、米MotorolaがAndroidとUbuntuを利用する「Motorola Atrix」を開発しています。これは、電話として使うときはAndroidで、シャーシにプラグインするとUbuntuとなります。

 Androidは良いスマートフォンOSですが、大画面フルキーボードを搭載するコンピュータ向けではありませんし、ここを目指しているのではないと思います。ここにギャップがあり、Ubuntuを使えないかという動きがあるようです。

 IVIでは、先にGENIVI Initiative(自動車向けのインフォテイメントを標準化する業界団体)に参加し、参加企業がUbuntuベースの車載インフォテイメントを開発できるようになりました。ここでは、Ubuntuのサブセット「Ubuntu Core」を利用し、さまざまなエクスペリエンスを構築できます。

--企業としてのCanonicalの業績は

 売上はあげているが、収益性という意味では黒字化がまだです。達成時期の見通しもわかりません。言えることは、多数の事業部が売上を増やしており事業拡大を続けていること。これまでの成果に満足しています。

 売上の例としては、個人ユーザー向けのクラウドサービス「Ubuntu One」、サービスとサポートを提供する「Ubuntu Advantage」などがあります。先にドイツの企業が1万デスクトップ分のOEMを手がけるなど、大型案件も増えています。

 WindowsユーザーによるUbuntuのダウンロードは1日3万5000件。ダウンロード後、インストールして使っているのかは追跡できませんが、収益に変えていくチャンスは増えていると見ています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]