編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

北海道社保病院、iPadから電子カルテを操作--回診業務を効率化

田中好伸 (編集部)

2012-02-17 16:39

 北海道社会保険病院(札幌市、358床)は「ベリサイン 電子カルテ向けスマートデバイスソリューション」を2月から順次導入している。日本ベリサインが2月17日に発表した。

 同システムはスマートデバイスから既存の電子カルテシステムを利用できるようにするもの。リモートデスクトップ(RDP)で接続して、電子カルテシステムの画面を転送し、タブレットやスマートフォンから操作できる。スマートデバイスを活用することで、回診業務の効率化や端末コスト削減を実現しつつ、モバイル端末管理システム(MDM)や電子証明書で情報漏洩の抑止も低コストで実現できるとしている。

写真 iPod touchにバーコードリーダを接続して、電子カルテを操作している

 北海道社会保険病院では、iPadやiPod touchなどから電子カルテを閲覧、書き込めるようになっている。従来の電子カルテの端末より小型なタブレットからでも、Bluetoothで接続されたバーコードリーダなどを使用して、投与薬剤の患者認証、データ入力作業を回診中に病室内で行うこともできるようになっている。ノートPCより軽量で駆動時間が長いことから持ち歩きにも便利で、ナースカートにのせて運搬しなくてもいい。看護師への負担軽減や回診などの業務を効率化できるとしている。

 端末はベリサインのMDMで管理され、セキュリティ設定の強制適用、遠隔でのデータ消去、VPN接続時に認定端末以外が利用されていないか認証するためにユーザーと端末を認証する電子証明書の遠隔からのインストールもする。

 同システムは同日から発売されている。最小構成価格は1台あたり年間7200円(税別)となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]