編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

医療情報システムをアプリ仮想化でシンクライアントに刷新--1台に集約

田中好伸 (編集部)

2011-11-24 15:38

 独立行政法人国立病院機構の呉医療センター(広島県呉市)は医療情報システムを仮想化技術によるシンクライアント方式で全面刷新した。共同でシステムを刷新した富士通が11月24日に発表した。

 呉医療センターの従来の医療情報システムでは、電子カルテシステムとネットに接続できる(ウェブブラウザとメール、診療科システムなどの)情報系システムは、セキュリティ上の懸念から独立したネットワークとして管理されていた。2つのシステムはそれぞれ個別の端末で利用することを強いられていた。

 医師が電子カルテシステムを使いながら、ネットで文献を検索したり、書類を作成したりするためには、複数の端末を立ち上げる必要があった。各診療科でも、たとえば手術の管理情報は、電子カルテシステムに入力したデータを手術管理台帳システムに再入力する二重管理が必要になるなど、業務が煩雑になっていた。

図 新システムのイメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

 こうした課題を解決するために、電子カルテシステムと情報系システムのアプリケーションすべてをアプリケーション仮想化ソフトウェア「Citrix XenApp」で仮想化し、1台の端末で両方のシステムを同時に利用できるシステムに刷新している。

 新システムは、富士通の電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-GX」を中核に、約35部門のシステムを密に連携させ、構築している。セキュリティ確保のため、電子カルテシステムとネットにつながる情報系システムを完全に分離された2つのクライアント仮想化環境に分けて管理している。

 それぞれのシステムのアクセス時には端末からICカード認証によるシングルサインオンで、2つの仮想サーバにアクセスできる。電子カルテとウェブブラウザやメールなども同一の端末で利用できるようになっている。電子カルテなどの個人情報は、サーバで一元管理することで流出対策も強化されているという。

写真 新システムの端末
※クリックすると拡大画像が見られます

 接触型のICカード認証によるユーザーローミング機能があるシンクライアント方式を採用している。職員は、仮想サーバ上のアプリケーションを実行することで、外来診察室で電子カルテを参照しながら文章を途中まで作成した後で、病棟のナースステーションで別の端末で作業を続けるといったことも容易になったとしている。

 医師は施設内の移動が多いことから、業務の効率化を実現できるという。情報系システムの仮想サーバから自分のファイルを呼び出すこともできる“どこでもMy Desktop”感覚で使えると説明している。

 これまで部門ごとに構築、設置されていたサーバを仮想化技術で統合して、バックアップなど運用管理を一元化することで効率化とコスト削減を図るとともに、設置面積を従来に比べて約6割削減できている。端末は、CPUの負荷が比較的低いシンクライアントの導入で、システム運用の効率化を図り、運用コストを削減することが期待できると言う。電子カルテと情報系システムを同一端末で利用できることから、端末数が削減され、スペースの効率も改善されるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]