編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

富士通、ITインフラの運用援サービスで「仮想デスクトップサービス」提供

ZDNet Japan Staff

2009-12-28 13:51

 富士通は12月28日、同社データセンターのクラウド基盤を活用し、企業内ICT機器のライフサイクル管理および運用をトータルに支援する「ワークプレイス−LCMサービス」の販売を開始すると発表した。2010年1月4日より提供を開始する。

 富士通では、2004年より約400社に対してPC向けの支援サービス「PC-LCMサービス」を提供しているが、今回発表された「ワークプレイス−LCMサービス」は、対象となるICT機器を広げ、サービス内容を強化したもの。企業内において多様化、マルチベンダー化するICT機器の調達、導入、日常運用や最新環境への移行など、さまざまな作業を、月額料金で提供するアウトソーシングサービスとなる。

 対象となるのは、富士通製のPCをはじめ、他社製PC、シンクライアント、プリンタ、複合機、オフィスに設置された部門サーバなど、エンドユーザー環境を構成する機器やソフトウェア。また、メールやファイルストレージ、ユニファイドコミュニケーションなどのコラボレーションサービス、ネットワークサービスも合わせて提供する。

 今回の機能強化においては、低い初期導入コストでシンクライアントを提供する「仮想デスクトップサービス(DaaS)」がメニューに加えられている。富士通の所有するクラウド基盤上に、クライアント仮想化管理システムを標準で実装し、DaaS(Desktop as a Service)として提供することで、ソフトウェアの初期導入コストを軽減し、ソフトウェア移行、運用のテンプレートを提供することで導入期間の大幅な短縮を可能にしたという。

 利用料金は月額制で、他社製ハード、ソフト製品を含めたエンドユーザー環境のICT機器が利用できるほか、利用者数や使用台数に応じた従量料金制にも対応している。そのため、ユーザーは資産保有コストの削減、平準化が可能となる。

 また、サービス管理の基盤となるインシデント管理、問題管理、構成および資産管理、資源配布などを行うサービスマネジメントシステムは、富士通のクラウド基盤上に設置。この基盤を標準環境として整備することにより、リードタイムを短縮、初期導入コストを削減し、エンドユーザー環境の運用品質の標準化や品質の向上を図っているという。海外拠点でのエンドユーザー環境の運用も、日本と同一の品質、プロセスで実施される。

 参考価格は、仮想デスクトップサービスの場合、1000台の仮想PC利用時に、1台あたり1カ月5000円。初期導入費は不要。

 サービスメニューの内容については、下表を参照のこと。富士通では、今後3年間で導入企業400社、2000億円の販売を目標とする。

サービスメニュー 概要
ワークプレイスインフラサービス

エンドユーザー環境に必要となるインフラ(パソコン、シンクライアント、複合機、ソフトウェアなど)を月額料金で提供

仮想デスクトップサービス(DaaS) クライアント仮想化環境を短期間で導入し、クラウド基盤から各種ソフトウェアを提供
サービスデスクサービス ICT利用に関するエンドユーザーからの問い合わせ、対応依頼の総合受付窓口を提供
デスクトップマネージドサービス パソコンやプリンタ、複合機などのトラブル対応、資産管理、増移設対応など日々のエンドユーザー環境の最適化をサポート
マネージドプリントサービス オフィス環境に設置されたプリンタ、複合機のライフサイクルサポート
コラボレーションサービス

メール、ユニファイドコミュニケーションなど、業務効率化、生産性向上に貢献するサービス群を提供

サービスマネジメント 日々のサービスレベル管理や変更管理、問題管理を通じて、ユーザーの責任者や管理者とのパートナーシップを構築

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]