編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

今年の漢字「新」からIT業界の2009年を振り返る

大河原克行

2009-12-28 09:30

 2009年も残すところわずかとなった。

 財団法人日本漢字能力検定協会が選んだ2009年の世相を表す漢字は「新」に決まったそうだ。同協会が「新」を今年の漢字にあげた理由には、政権交代による新内閣の発足、新型インフルエンザの蔓延、エコポイントなどの新制度の実施とともに、新たな環境技術、世界経済の変化、平和への新たな一歩、新たな時代がはじまる予感といった「未来への希望」としての「新」の要素も盛り込まれているとする。

 今年最後のこのコラムでは、翻って、この「新」という漢字を日本のIT業界に当てはめつつ、2009年を振り返ってみたい。

 新たなプロダクトという点では「Windows 7」がある。

 10月22日に発売となったWindows 7は、パッケージ版の販売本数は発売当日だけで、Windows Vistaの3倍、最初の土日を含む発売4日目でWindows Vistaの1年分に匹敵する本数を販売。発売後10日間の出荷実績は、Windows XP、Windows Vistaをはるかに上回ったという

 PC本体の売れ行きにも好影響を及ぼし、社団法人電子情報技術産業協会の調べによると、10月の国内PC出荷台数は前年同期比21.5%増、11月も4.8%増となった。PC市場の回復に大きな影響を与えたといえよう。

 マイクロソフトでは、2009年中にWindows Server 2008 R2Windows Mobile 6.5といった大型製品も投入しており、さらに2010年にもOffice 2010SQL Server 2008 R2のほか、クラウド時代に向けたWindows Azureといった大型プロダクトを控えており、その点でも「未来の新」につながるプロダクトが引き続き投入されることになる。

 一方、オラクルの「Oracle Database 11g Release 2」「Exadata Version 2」の発売、インテルの「Xeon 5500番台」や「Core i5」「ノートPC向けCore i7」といった新プロセッサの投入、WiMAXの商用サービス開始などのほか、VMwareやHyper-Vといった仮想化技術が広がりをみせたという点でも、注目される新製品および新サービスが相次いだ。

 そのほか、グーグルから「Chrome OS」が発表されたこと、第3世代となる「iPhone 3GS」や「Androidケータイ」の発売、コンシューマー領域では、Twitterが爆発的な広がりを見せたことなども注目される出来事だ。

 2009年後半には、Google日本語入力ベータ版のリリース、Baidu Typeの公開によって、日本語入力に新たな一石が投じられた点も見逃せない。2010年にはジャストシステムの「ATOK 2010」、マイクロソフトの新世代MS-IMEが投入されるだけに、来年以降の動向が注目される。

 一方、経営関連では、OracleによるSun Microsystemsの買収がここ数年のM&Aの中でも特に大きなエポックとなった。また、日本IBMの橋本孝之新社長による体制は1月1日にスタートしたものだった。新体制への移行という点では、9月に突然起こった富士通の社長交代劇も特筆されよう。

 こうしてみると、IT産業の2009年にも「新」という漢字は、そのまま当てはまりそうだ。もっとも本来、IT産業は進化のスピードが速い業界とされてきた。日本漢字能力検定協会が今年の漢字を選んだ経緯にはIT産業発の「新」は含まれていなかったようだが、来年はぜひ、業界内にとどまらず、世界のあり方まで大きく変えるような「新」を、IT産業から創出していってほしいものだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]