SMBクラウド市場でパラレルスが持つ3つの強み

齋藤公二 (インサイト)

2012-06-06 13:57

 パラレルスは6月5日、自社イベント「Parallels Summit 2012 Japan」を開催。日本法人の代表取締役を務める富田直美氏が「SMBクラウド市場はゴールドラッシュ! SMBクラウドの勝者となる方法」と題した基調講演を行った。

SMBクラウド市場は2015年に2000億円規模に

 パラレルスは、コンシューマ向けにはMac用のデスクトップ仮想化ソフトの開発元として知られる企業だが、エンタープライズ分野では、仮想専用サーバ(VPS)サービスの端緒とも言える「Virtuozzo」や、ホスティング環境の管理ツール「Plesk」を開発したSWSoftとしての方が著名だろう。

 SWSoftは、Parallelsを買収後、2008年に現社名に変更。売上構成比は、コンシューマ向け仮想化ソフトが35%、クラウドサービスが65%といった状況だ。同社のクラウドサービスを利用する企業は、125カ国1億4800万社に達しているといい、ホスティング事業者向けのクラウド環境の提供でも90%のシェアを持つ。

写真1 パラレルスのビジネス概要
※クリックすると拡大画像が見られます

 富田氏は講演で、パラレルスの独自調査「Parallels SMB Cloud Insights 2012年版」の結果を踏まえ、中堅中小企業(SMB)クラウド市場の動向を解説した。国内SMBクラウドサービス市場は、今後3年間で年率16%で成長し、2015年には約2046億円と2011年度の約1000億円の2倍に拡大するという。

 世界的に見ても、SMBのIT支出の総額は2011年度に340億ドルから2014年の680億ドルと2倍になるとし、ホスティング事業者やサービスプロバイダー、ソフトウェアベンダーは「SMBの規模に応じて、適切なサービスを提案していくことで、大きなビジネスチャンスをつかむこともできる」と主張した。

 調査では、SMB向けクラウドサービスを、ホスト型インフラ、ウェブプレゼンス、ホスト型コミュニケーション&コラボレーション、ビジネスアプリケーションの4つに分けている。今後最も高く成長すると見込まれているのが、ホスト型コミュニケーション&コラボレーション(ホスト型メールやPBXなど)で年平均成長率(CAGR)29%、2015年には170億円に達する見込みだ。次がビジネスアプリケーション(ファイル共有、給与人事、電話会議など)で860億円(CAGR19%)、さらにウェブプレゼンスが500億円(同12%)、ホスト型インフラが500億円(同10%)となる。

写真2 日本のSMB向けクラウドサービス市場予測
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]