CSAJ、パッケージソフトの品質認証制度を2013年度に開始

大河原克行 2012年06月13日 17時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトウェアメーカーなどで構成される一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、パッケージソフトウェア品質認証制度を2013年度から開始すると発表。同制度の申請者用ガイドブックβ版を2012年6月13日から公開すると発表した。

 パッケージソフトウェア品質認証制度は、国際標準規格であるISO/IEC25051とJISX25051に準拠したもので、「国産パッケージソフトウェアの品質が、世界で通用することを証明する活動になる」(同協会パッケージソフトウェア品質基準委員会・藤井洋一委員長=日本ナレッジ社長)と位置づけている。

 対象とするパッケージソフトウェアの製品説明書とユーザーマニュアルに、ISO/IEC25051に規定される品質に関する事項が適切に記載されるとともに製品説明にも記述されていること、ユーザーマニュアルに記載されていることが確実にソフトウェアに実装されていることによって、品質を認証するという。

藤井洋一
藤井洋一氏

 CSAJが委託する第3者機関で認定作業を行い、これをCSAJが認定するもので、「ソフトウェアの規模にもよるが、認定作業には3カ月から半年程度かかる。ソフトメーカーが、なるべく安価な費用で認証が行えるように準備を進めたい」(藤井委員長)としている。

 製造業においては、製品品質は開発元や供給元自らが保証する仕組みが一般的だったが、グローバル化の流れのなかで、第三者機関による認証の動きが加速。パッケージソフトウェアの世界でも同様の流れが生まれつつある。

 「グローバル市場における国産パッケージソフトウェアの品質保証という観点、あるいは提供側の責任が重くなるなかで、メーカーが不利益を負わないための仕組みが求められている。そうした点でも、この仕組みはメリットがある。韓国ではグッドソフトウェア制度と呼ばれる品質保証の仕組みがあり、この認定を受けていると、公共入札の際に品質面での保証が得られたり、金融機関から低金利での融資が受けられるといった、国がバックアップする姿勢が確立されている。日本ではこうしたメリットを打ち出せる段階にはないが、一日も早く制度をスタートさせ、韓国同様になにかしらのメリットが受けられるように働きかけもしていきたい」などとした。

 2012年6月13日、96ページに渡る申請者ガイドブックβ版を同協会サイトで公開。2012年9月以降、認証制度のトライアルを開始し、2013年4月以降に認証制度の本格運用を開始する予定だ。

 一方、2012年6月13日に開催した第27回定時総会において、新年度の会長に引き続き和田成史氏(オービックビジネスコンサルタント社長)を選出。副会長には、襟川恵子氏(コーエーテクモホールディングス名誉会長)、木下仁氏(アールワークス社長)、山本祥之氏(インテリジェントウェイブ社長)、萩原紀男氏(豆蔵ホールディングス社長)、豊田崇克氏(ネクストウェア社長)がそれぞれ就任した。

 新年度の重点活動として、「パッケージソフトウェア品質認証制度の立ち上げ」「中国ソフトウェア産業協会(CSIA)との協力関係の強化」「ソフトウェア技術に関する研究活動の強化」に取り組むほか、「新しい時代の情報インフラを提供する通信企業やハードウェア関連企業との連携を強化しつつ、オープン、フェア、グローバルの基本理念を掲げ、クラウドやモバイル関連の新技術の研究、ソフトウェア製品の品質認証制度に関する研究、CAD利用技術者試験などの認定試験、産学連携などを通じた人材の育成、海外市場の開拓支援、ベンチャー企業の育成、プライバシーマーク審査事業などの幅広い活動を続けていく」としている。

前川徹
前川徹氏

 同協会・前川徹専務理事は、「ソフトウェア技術に関する研究活動の強化では、SaaS、クラウドコンピューティング、モバイルなどのソフトウェアの新技術の動向に関する調査研究を強化し、セミナーなどを通じて会員に情報を発信する。モバイル向けソフトウェア開発に必要な最先端技術に焦点をあてるほか、クラウドにおけるモバイル技術の活用、ビッグデータの活用といった点での調査研究も行っていくことになるだろう」とした。

 なお、同協会が行っている「第9回アライアンス大賞」の受賞企業も発表した。同大賞は、企業間のビジネスアライアンスの活性化を目的に実施しているアライアンスビジネス交流会において、2011年度にプレゼンテーションを行った32社のなかかから、提携実績などを評価および審査して表彰するもの。優秀賞には多業種対応クラウド型予約管理システム「Choice RESERVE」のビットリンク、奨励賞にはスマートフォン遠隔セキュリティサービス「Mobi Connect」のインヴェンティット、特別賞にはクラッキングを防止する耐タンパセキュリティソフト「CrackProof for Android」のハイパーテックがそれぞれ選ばれた。

 また、同協会が実施しているCAD利用技術者試験制度については2級CBT(Computer Based Testing)試験において、2013年度4月以降、これまで団体を対象としていたものを個人にまで拡大。また、2013年度前期試験から、3次元CAD利用技術者試験2級の出題形式を変更し、より総合力を問う内容にすると発表した。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算