編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

GMOクラウド、プライベートクラウドサービス提供--既存メニューを刷新

田中好伸 (編集部)

2013-02-06 13:01

 GMOクラウドは2月5日、プライベートクラウドサービス「IQcloud Private」の提供を開始した。従来から提供していた「IQcloud Virtual Private」を刷新している。マネージドサービスもオプションで提供する。

 IQcloud Privateでは、仮想化技術で「1vCPU、メモリ1Gバイト、ストレージ30Gバイト」を最小構成に、スモールスタートで利用できるという。提供されるメニューは「バリュー」「スタンダード」「カスタム」の3つが用意されている。

 バリューシリーズは、月額7480円から提供、CPUやメモリなどのリソースを必要な時に必要な分だけ利用できる。バリューシリーズでは、仮想CPU(vCPU)単位となり、1vCPUは0.5物理コアに相当する。

 スタンダードシリーズは、ユーザー企業専用の物理サーバでハイパーバイザが提供される。スタンダードでは、スペックを向上させながら、従来よりも30%値下げしているという。

 バリューとスタンダードでは、ハイパーバイザに「VMware vSphere」を活用している。GMOクラウドはヴイエムウェアの「VMware vCloud Powered認定」を取得している。vSphereを利用できるプライベートクラウドサービスとして、国内最安値水準と説明している。

 カスタムシリーズは、ユーザー企業の要望に応じて、独自にシステム設計、構築する。スケールアップにも対応できるという。

 オプションで提供されるマネージドサービスでは、「ベーシック」と「プレミアム」の2つを用意している。ベーシックは、サーバの監視や各種の設定を代行する。プレミアムは、認定資格「VMware Certified Professional」を持つGMOクラウドのエンジニアが要望に応じて、個別にサポートする。

メニュー
シリーズバリュースタンダード
プランV1V2V3V4V5S1S2
初期費用無料5万9800円
月額料金7480円1万2800円1万9800円2万9800円4万9800円5万9800円8万9800円
CPU1vCPU2vCPU4vCPU8vCPU16vCPU6コア12コア
メモリ(GB)1248162448
ストレージ(GB)30オプション
回線100Mbps共有オプション
グローバル
IPアドレス
1個オプション
メニュー
シリーズカスタム
プランC1C2C3C4
月額料金1万9800円2万9800円3万9800円4万9800円
CPU4コア6コア8コア12コア
メモリ(GB)2448
ストレージ(GB)500
そのほかの仕様ユーザー企業の個別要件による
マネージドサービス
ベーシックセキュリティオプションミドルウェアアップデート、不正アクセス、脆弱性調査、FWなど各種ポリシー変更、定期レポート(週1回)
監視復旧オプション死活・ポート・プロセス・リソース監視、サービス再起動、定期レポート(月1回)
セットアップオプションテンプレート作成、FW設定、監視書面レポート、サーバ・ネットワーク構築など各種設定代行
プレミアムVMwareコンサルティング専任技術者アサイン、VMwareコンサルティング提案、システムの運用保守、月1回の運用報告
VMwareマネジメントユーザー企業のVMware環境の運用代行
VMwareコンソールサポート管理コンソール「VMware vCenter」独自作業を代行
VMwareマイグレーションオンプレミスや既存クラウドからの移行(ウェブコンテンツ、システム、データベースなど)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]