編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ソネット、企業向けデータセンターサービスを開始

ZDNet Japan Staff

2013-04-15 11:54

 ソネットエンタテインメントは4月12日、企業向けクラウドストレージサービスの提供を同日から開始したと発表した。日本SGIが提供するハードウェアやリソースと、So-netのデータセンター、ネットワーク、システム構築・開発・運用サービスを組み合わせる。

 サービス名は「Big Data Cloudサービス」。利用企業の既存システム環境とクラウドストレージを、So-netが提供するネットワークサービスを用いて接続することで、rsync、 FTP、CIFSの3つのプロトコルによってリモートアクセスできるようにする。

 さらに、So-netのインテグレーションサービスを活用することで、さまざまな顧客ニーズに柔軟に対応できるとしている。

 Big Data Cloudサービスは、1契約1ファイルあたり最大8Pバイト(8000TB)まで利用可能。最低利用容量は100Gバイトからで、100Gバイト単位で拡張できる。

 主なサービスは、データセンターサービス、ネットワークインテグレーションサービス、システムインテグレーションサービスの3つ。

500
サービス概要

 データセンターサービスは、企業システムをSo-netのデータセンターに設置し、 Big Data CloudサービスにLANで接続することで アクセススピードを向上させる。さらに、システムのストレージの一部を同サービスに退避することで、追加投資を抑制できるとする。

 ネットワークインテグレーションサービスでは、Big Data Cloudに含まれるインターネット接続サービス(共有1Gbps)のほか、So-netの法人向けISPサービスや専用線、VPN、広域イーサーなどさまざまなネットワークニーズに対応する。

 システムインテグレーションサービスは、現在、急激に増大しているデータの取り扱いやセキュリティエリアのニーズの高まり、電力使用量制限への対応など、さまざまな課題を解決するもの。

 料金は初期費用が6万3000円。月額利用料は1Gバイトあたり1.5円。容量変更費用は1回あたり2万1000円としている。料金には、ファイアーウォール、プロトコルゲートウェイサーバ、インターネット接続共用型1Gbpsが含まれている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]