編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

アマゾン ウェブ サービス、モバイルプッシュ通知を提供へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2013-08-14 08:12

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間8月13日、通知およびモバイルプッシュサービスを提供する計画の概要を示した。これによって開発者らは、Appleの「iOS」や、「Kindle Fire」を含む「Android」搭載端末に通知を送信できるようになる。

 AWSはこの計画の下で、100万件までの通知を無料で提供し、その後はメッセージを100万件発行するごとに50セント、メッセージを100万件伝送するごとにさらに50セント、合計でメッセージ100万件あたり1ドル徴収する。開発者は、個人に加えて多数の顧客宛てにメッセージを送信することができる。

 AWSはこの動きによって、ユーザーの行動を促すために通知をプッシュする必要のあるモバイル開発者をより多く自社サービスに引きつけようとしている。AWSは、iOSとAndroidで異なる設定を使用しなければならなかった開発者のため、通知のクロスプラットフォーム化を目指している。Amazonにとってのもう1つの利点となり得るのは、エンタープライズにおけるハロー効果である。AWS開発者は、Kindle Fireアプリケーションも開発する可能性が高いからだ。

 AWS通知サービスを利用する顧客には、Urban Airship、WeatherBug、Crittercismなどがある。Urban Airshipの最高経営責任者(CEO)を務めるScott Kveton氏はブログ投稿で、クロスプラットフォーム通知サポートを利用することで、開発者が「自身のアプリに基本的なユニキャストおよびブロードキャストのプッシュ通知を追加」することができると述べた。プッシュ通知のサポートに向けたAWSの動きは、「(プッシュ通知の価値を)大いに支持するもの」だという。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]