編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

クラウドシステム管理ソフト、40%成長--プライベートクラウドへの需要高まる

山田竜司 (編集部)

2013-11-21 14:30

 IDC Japanは11月20日、2012年の国内クラウドシステム管理ソフトウェア市場規模の実績と2017年までの予測を発表した。2012年の同市場は前年比46.1%増の67億6100万円と拡大した。2012~2017年の年平均成長率は38.5%、2017年には344億円に達すると予測した。

 IDCはクラウドシステム管理ソフトをクラウドシステムを管理する機能を持つソフトと定義する。具体的には、プール化されたリソースの管理や仮想マシンのプロビジョニング、サービスカタログ、セルフサービスポータル、サービス使用量の計測、課金などの機能を持つソフトが対象という。

 大手企業の情報システム子会社やデータセンター事業者、クラウドサービスプロバイダーでは、クラウドシステム基盤の構築が進み、クラウドシステム管理ソフトの導入が増加し、同市場の成長につながった。

 ベンダー別の売上額ではシェア25%のVMwareが1位、2位はIBM、3位にHewlett-Packardが続いた。2013年の国内クラウドシステム管理ソフトウェア市場は前年比48.6%増の100億円を見込む。2012年に引き続き、2013年はデータセンター事業者や大手企業、クラウドサービスプロバイダーなどで導入され、成長率では2013年がピークとした。

 IDCは大手から中堅企業におけるプライベートクラウド需要の高まりが市場を促進する要因になると予測する。その理由として、「プライベートクラウドの構築レベルは、リソースのプール化や仮想マシンのプロビジョニングなどにとどまる企業が多いが、クラウドシステム管理ソフトを活用し、セルフサービス化すればさらに効果を発揮できるため」と説明した。


2012~2017年 国内クラウドシステム管理ソフトウェア市場 売上額予測(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]