編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

KDDI提供のIaaSでクラウド管理ソフト「CloudPlatform 3.0」採用

田中好伸 (編集部)

2012-11-08 17:50

 7月から提供されているIaaS「KDDIクラウドプラットフォームサービス」でクラウド管理ソフトウェア「Citrix CloudPlatform」が稼働している。最新版のCloudPlatform 3.0が採用されるのは国内初という。シトリックス・システムズ・ジャパンが11月8日に発表した。

 KDDIクラウドプラットフォームサービスは、国内2拠点のデータセンターに同時にバックアップを取る機能を提供し、特別な設計が不要で、事業継続計画(BCP)対策としても活用できる。KDDIのイントラネットサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch(WVS)」と高速バックボーン直結でインターネットに接続でき、サーバは専有と仮想を選べる。

 CloudPlatform導入以前にKDDIが提供していたIaaSは、申込書を受け取ってから、それにあわせてシステム環境を構築していた。そのため、サービス提供開始までに時間がかかり、一度に多くのシステム環境を構築する場合、担当者に負担がかかっていたという。

 KDDIは、2011年初から各種クラウド管理ソフトウェアの技術評価を行い、実環境の稼働実績が多いCloudPlatformの採用を決定した。2011年10月にCloudPlatformの機能を検証、2012年1月からシステムを構築し、7月にKDDIクラウドプラットフォームサービスの提供を開始した。

 CloudPlatform 3.0の導入で、ポータル画面の操作で仮想サーバだけでなく、専有サーバもオンデマンドで作成できるようになる。サーバが接続するネットワークをWVSかインターネットかを選択できる。

 ポータル画面を通じて、サーバとネットワークの割り当てがいつでも必要な時に設定できることから、ユーザー企業のシステム導入のスピードが向上しているという。KDDI社内のシステム担当者の負担も減り、今までの4~5倍のサービス開通作業でも余裕を持って対応できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]