編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

KDDI提供のIaaSでクラウド管理ソフト「CloudPlatform 3.0」採用

田中好伸 (編集部)

2012-11-08 17:50

 7月から提供されているIaaS「KDDIクラウドプラットフォームサービス」でクラウド管理ソフトウェア「Citrix CloudPlatform」が稼働している。最新版のCloudPlatform 3.0が採用されるのは国内初という。シトリックス・システムズ・ジャパンが11月8日に発表した。

 KDDIクラウドプラットフォームサービスは、国内2拠点のデータセンターに同時にバックアップを取る機能を提供し、特別な設計が不要で、事業継続計画(BCP)対策としても活用できる。KDDIのイントラネットサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch(WVS)」と高速バックボーン直結でインターネットに接続でき、サーバは専有と仮想を選べる。

 CloudPlatform導入以前にKDDIが提供していたIaaSは、申込書を受け取ってから、それにあわせてシステム環境を構築していた。そのため、サービス提供開始までに時間がかかり、一度に多くのシステム環境を構築する場合、担当者に負担がかかっていたという。

 KDDIは、2011年初から各種クラウド管理ソフトウェアの技術評価を行い、実環境の稼働実績が多いCloudPlatformの採用を決定した。2011年10月にCloudPlatformの機能を検証、2012年1月からシステムを構築し、7月にKDDIクラウドプラットフォームサービスの提供を開始した。

 CloudPlatform 3.0の導入で、ポータル画面の操作で仮想サーバだけでなく、専有サーバもオンデマンドで作成できるようになる。サーバが接続するネットワークをWVSかインターネットかを選択できる。

 ポータル画面を通じて、サーバとネットワークの割り当てがいつでも必要な時に設定できることから、ユーザー企業のシステム導入のスピードが向上しているという。KDDI社内のシステム担当者の負担も減り、今までの4~5倍のサービス開通作業でも余裕を持って対応できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]