編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

SCSK、クラウドアプライアンス「Cloud System ENABLER」--ハイブリッド対応

田中好伸 (編集部)

2012-10-16 15:17

 SCSKは10月16日、プライベートクラウドを構築する上で必要なソフトウェアをハードウェアにまとめたクラウドアプライアンス「Cloud System ENABLER」の提供を開始した。価格は495万円から。ハイブリッドクラウドにも対応する。

 Cloud System ENABLERは、プライベートクラウド構築で必要なハイパーバイザやクラウド管理ソフトウェア、負荷分散装置、ストレージなどを一つにまとめたアプライアンス。クラウド管理ソフトウェアに現在オープンソースソフトウェア(OSS)となっている「Apache CloudStack」の商用版「Citrix CloudPlatform」を搭載して、オープンなアーキテクチャになっていると説明する。

主要コンポーネント
コンポーネントハード、ソフト
サービスポータルCitrix CloudPlatform
ファイアウォールCitrix CloudPlatformかVyatta
ロードバランサCitrix CloudPlatformかRiverbed Stingray
クラウド管理Citrix CloudPlatform
ハイパーバイザCitrix XenServerかVMware vSphere
サーバHP Proliant Generation8
ネットワーク
スイッチ
Arista 7000
ストレージHP 3PARかVAStorage

 プライベートクラウド向けとして、権限管理機能を搭載して、部署ごとの利用量に応じた費用請求やユーザー管理、仮想マシンテンプレートライブラリ、セキュリティ管理などを容易に設定できるという。SCSKのクラウド管理ツール「PrimeCloud Controller」や米RightScaleのクラウド管理サービスと連携する。SCSKのクラウドサービス「USiZE」とも連携し、オンプレミスのシステムやパブリッククラウドの「Amazon Web Services」と連携、相互運用も可能という。

 アプライアンスであることから、初期構築工数を削減できる。構築コストを70%程度低減でき、通常半年以上の期間を要する環境構築を最短1カ月で実現できると説明している。ユーザー管理やサービス管理、課金データ管理といった管理機能を搭載していることで、パブリッククラウドの基盤としても活用できる。

 提供される製品は、搭載可能な仮想マシン(VM)の数が異なる3つのモデルが提供される。20VMのスターターモデル、48VM~のエンタープライズモデル、448VM~のサービスプロバイダーモデルだ。今後、分散ストレージ機能を追加したモデル、企業向けアプリケーションやモバイルアプリの開発実行環境を準備したモデルなど、順次リリースしていく予定としている。

図
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]