テレビ朝日、高セキュリティな映像システムを採用

2013-11-22 12:38

 テレビ朝日は11月21日、ハードディスク(HDD)などのメディアに保存した映像データの編集や閲覧を制限できる映像システムの採用を発表した。現在テスト運用中で、2014年度に本格稼働させるという。

 同映像システムには、日立製作所のデータ漏えい対策ソフト「データプロテクトミドルウェア」を活用した。デジタル保存されたデータは、暗号化され、データプロテクトミドルウェアを適用した映像システム以外では閲覧も編集もできないと説明する。

 データプロテクトミドルウェアは外部記録媒体でデータを持ち出す際などに有用な暗号化ソフト。組織単位やファイル単位で暗号鍵や、暗号化強度を変えることができ、セキュリティ強度を高くしたまま柔軟なアクセス制御が可能とした。

 映像システムの導入により、編集などの目的で映像を貸し出す場合でも、情報漏えいや不正利用などを回避することができる。また、暗号化されていない映像データとほぼ同等のスピードで編集処理可能と説明した。また、既存のHDDな使用していたものをそのまま活用することにより、導入コストを抑えることができる点も特徴だという。

 テレビ業界でも他業界同様、アナログデータからデジタルデータへ移行する潮流がある。


システム概要

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]