編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SIEM市場、標的型攻撃対応で拡大--大手参入で拡大続く:ITR調査

山田竜司 (編集部)

2014-03-13 12:13

 ITRが3月13日した予測によると、2012年度のセキュリティ情報イベント管理(Security Information and Event Management:SIEM)市場は前年度比9.6%増の32億円という。同市場の2012~2017年度の年平均成長率(CAGR)は13.2%と予測した。

 ITRはSIEMをさまざまなアプリケーションや機器のイベントログを一元的に管理するセキュリティ情報管理(Security Information Management:SIM)と、脅威をリアルタイムで検知し、対策するセキュリティイベント管理(Security EventManagement:SEM)を組み合わせたものと定義。製品やサービスとしてはイベントログやセキュリティログを蓄積、管理、分析などができるものを指す。

 2012年度のSIEM市場は標的型攻撃への対策などで一定の需要があり、中堅企業への導入が進んだと説明。2013年度は大手ベンダーの参入で前年度比39.1%増の44億5000万円を見込む。IBMやMcAfeeの参入で大企業での導入が進むと考えている。


SIEM(Security Information and Event Management)市場規模推移と予測(ITR予測)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]