京葉銀、勘定系システムをオープン系で刷新--アプリケーションを部品化

山田竜司 (編集部) 2014年05月08日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京葉銀行は勘定系システムをオープン系で刷新することを決めた。2018年からの稼働を目指している。システムを構築する日立製作所が5月7日に発表した。

 今回、京葉銀行が採用するパッケージは、現在、日立と静岡銀行が共同で開発を進めている。従来のメインフレームの信頼性を目指してオープン系製品を全面的に採用し、システム構築や運用コストの最適化、システムの機能追加、新商品開発の迅速化や高度化を目指す。

 OSには「Red Hat Enterprise Linux」を採用する。ハードウェアでは垂直統合型システム製品の「BladeSymphony」、企業向けディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform」を活用。これらの上で業務アプリケーションを支援する金融フレームワークや金融向けにトランザクションを処理するための「uCosminexus TP1/Financial Service Platform」などのミドルウェアを組み合わせてシステムを構築する。

 オープン系を活用することで、標準技術でシステムを開発できるため、システムの開発や人材調達、育成に必要となるコストの最適化を図れる。リソースを容易に拡張できるBladeSymphonyの採用で、規模拡張が可能という。

 新勘定系システムはアーキテクチャを刷新する。“非戦略(標準化)領域”と“戦略実現領域”に分離して、新しい設計思想を基盤にした勘定系パッケージを構築する。

 非戦略(標準化)領域では、預金や為替、融資といった銀行業務アプリケーションを日立が新たに開発して、「記帳決済系システム」として提供する。戦略実現領域では、顧客のニーズや取り引きの状況に応じた新商品開発の迅速化と営業体制の変革や チャネル拡充に柔軟に対応できる新機能を「バンキングハブシステム」として提供する。

 バンキングハブシステムには、ほかのシステムと容易に接続できるゲートウェイ機能、投資信託や保険、証券などの外部商品と記帳決済系システムとの連携を制御する機能を配置する。戦略的な経営方針の策定や遂行に向けた柔軟性を向上させるという。

 新しい勘定系システムはアプリケーションをコンポーネント化、パラメータ化する。個々の業務の特性や重要度にあわせた業務機能をシンプル化するとともに、各システムの役割にあった機能配置の最適化を図る。将来的にはほかの金融機関とアプリケーションを共通化、共有して、運用コストの削減も実現するという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算