編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本HP、ネットワーク機器拡充--SDN対応アプリケーションも提供

NO BUDGET

2014-05-28 12:33

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は5月27日、データセンターやキャンパスなどの大規模環境向けネットワーク製品ラインアップを拡充、提供を開始した。SDN(Software-Defined Networking)に対応するアプリケーションの提供も開始した。

 シャーシ型L3スイッチ「HP FlexFabric 12500E Switch」シリーズは、大規模なL3ネットワークを実現できるという。18スロットモデル「HP FlexFabric 12518E Switch」(税別希望小売価格5646万円~)と8スロットモデル「HP FlexFabric 12508E Switch」(同3131万6000円~)では、シャーシやスイッチングファブリックモジュールなどを一新して機能を強化した。

 スイッチング性能が75%増加したという。18スロットモデルのFlexFabric 12518Eでは、40ギガビットイーサネット(GbE)を最大288ポート、10GbEを最大864ポート実装可能としている。

 無線LANのアクセスポイント「HP 560 802.11ac Dual Radio Access Point」(同17万8000円)は、最大1.3GbpsのIEEE 802.11a/n/ac(5GHz)と最大450MbpsのIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)に対応する。Wi-Fi ClearConnect機能で無線干渉源を特定し、電波出力を自動的に調整、チャネルを変更できる。侵入検出機能を備える包括的な無線LANセキュリティ(WIPS)を搭載している。今後のバージョンアップで標準プロトコル「OpenFlow」に対応する予定としている。

 SDN対応アプリケーション「HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync」(同50万円~)は、ユニファイドコミュニケーション&コラボレーション(UC&C)ツール「Microsoft Lync」と「HP VAN SDNコントローラー」と連携する。Lyncを利用したネットワークトラフィックを動的に最適化し、ユーザーの使用感を向上できるという。OpenFlowを利用することで複雑な設定せずに管理者の作業負荷を軽減できるとしている。

 SDN対応アプリケーション「HP Network Protector SDN Application」(同25万円~)は、HPがグローバルで提供しているセキュリティに関するデータベース「TippingPoint Reputation Digital Vaccine(Reputation DV)」とVAN SDNコントローラーを連携する。Reputation DVを活用し、ネットワークの終端でリアルタイムにセキュリティを適用することで、不正アクセスやサイバー攻撃などの脅威から機密情報や個人情報をプロアクティブに防御するという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]