2015年はIT予算が増加へ、対象はクラウド--米調査

Erin Carson (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年07月29日 14時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Spiceworksがテクノロジの導入傾向についてまとめた年次報告書「The State of IT」によると、IT業界は安定の兆しを見せているという。

 SpiceworksのコンテンツマーケティングマネージャーであるPeter Tsai氏によると、The State of ITの調査結果は、プロフェッショナル向けネットワーキングサイトであるSpiceworksの約500万人のユーザーから抽出した、1100名のITプロフェッショナルの回答を基にまとめられたという。

 米国内外の回答者の約60%は、1年以内に自分の勤務先企業で追加のIT職員を雇う予定はないと答えた。人員削減の予定があると答えた回答者はわずか4%だった。つまり、調査対象企業の大多数は現状を維持するか、職員を追加するかのいずれかだ。

figure_2

 Tsai氏は、「これは概して好ましいことだとわれわれは考えている」と述べた。さらに、調査対象企業の大半は小規模な組織なので、その多くは従業員を新たに雇う予算を持ち合わせていない、と説明した。

 これらの企業は必ずしも新たに職員を雇うわけではないものの、(42%は)IT予算を増額する予定だと回答している。Tsai氏によれば、多くの企業で、予算の増額分はクラウドサービスの継続的な導入に割り当てられる可能性が高いという。

figure_1

 全体的に見ると、2015年のIT予算増額に関して楽観的な雰囲気が見られるとTsai氏は述べた。同氏は、2014年の世界IT支出は前年比3.1%増の3.8兆ドルに達するとしたGartnerの予測と、IT業界は2020年まで成長を維持すると予測した米労働統計局のデータなどの外部のデータをいくつか引用している。

 Tsai氏が重要視したほかのトレンドとしては、企業の規模と従業員1人当たりのITサポートコストの間の反比例関係と、おそらくアーリーアダプションの傾向やプライバシーに対する懸念の低さが理由で、北米のIT予算が欧州や中東、アフリカに比べて若干多いことなどが挙げられる。

figure_3

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算