編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

モジラ、「Mozilla Developer Network」登録者のメールアドレスとパスワードを「誤って」公開

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-08-04 12:37

 Mozilla Developer Network(MDN)ブログへの米国時間8月1日付けの投稿によると、同ネットワークに登録しているユーザーの電子メールアドレスとハッシュ化されたパスワードが、データのサニタイズ処理におけるミスで6月23日から1カ月間にわたって公開されていたという。

 Mozillaのデベロッパーエンゲージメント担当ディレクターを務めるStormy Peters氏は同投稿で、データベースダンプというかたちで保持されていた7万6000人のユーザーの電子メールアドレスがインターネットからアクセスできる状態になっていたと述べた。また、このダンプには4000件のハッシュ化されたユーザーパスワードも含まれていたという。

 Peters氏は「この状況が発覚した時点で、すぐさまサーバから同データベースダンプを消去するとともに、さらなる公開を防止するために当該ダンプの生成プロセスを無効化した。同サーバにおいて不正なアクティビティは検出されていないものの、そういったアクセスがなかったという確証は持てない」と述べた。

 Peters氏によると、影響を受けたユーザーにはこの件を通知しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]