編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「iPhone」「iPad」も強力な生産性ツールに--アップルユーザーにお勧めのビジネスアプリ5選

Erik Eckel (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-07-31 07:00

 Appleの「iPhone」「iPad」「Mac」は初期状態でも便利なデバイスだが、ビジネスアプリケーションをいくつか追加することで、強力な生産性ツールに早変わりする。本記事では、プロフェッショナルがすべての新型「iOS」デバイスと「OS X」デバイスにインストールし、適切に設定しておくべき最高のビジネスアプリを5つ紹介する。

1: iWorkスイート

 Appleの「iWork」スイート(画像A)は、ビジネス文書、スプレッドシート、プレゼンテーション作成用の信頼できるプログラム群を提供する。iPhoneやiPadの比較的小さな画面で作業する際も、一般的なタスクを直観的に実行しやすい設計になっている。

画像A
figure_A

 魅力的なテンプレートが含まれており、好印象を与える報告書、手紙、履歴書、図表、スプレッドシート、スライドショーなどを簡単にデザインできる。iWorkに統合されたAppleの「iCloud」サービスを利用すれば、iPhone、iPad、Macといった複数のデバイス間で文書やスプレッドシート、プレゼンテーションを共有するのも簡単だ。

2: Mail

 電子メール(ビジネスにおいて最も重要なアプリケーションと言っていいだろう)は、iOSデバイスとOS Xデバイスの両方で非常に快適に動作する。Appleの「Mail」プログラム(画像B)では、電子メールアカウントが「Exchange」サーバでも、POP3やIMAPでも、さらにはコスト意識の高い多くの組織が好んで使う「Gmail」であっても、メールボックスに簡単に接続できる。

画像B
figure_B

 iPhoneの小さな画面でも、Mailを使うのは快適な体験だ。多くのユーザーが日常的に利用する情報やタスクに集中できるように合理化されている。メッセージは小さなディスプレイに合わせて調整されるため、電子メールはくっきりときれいに表示され、読みやすい。

 OS XのMailアプリケーション自体はナビゲートしやすいインターフェース内で複雑な機能(複数の電子メールアカウントのサポート、あらかじめ設定された複数の署名、自動処理ルールのサポート、重要なメッセージをユーザーに自動通知できる「Smart Mailbox」、カスタマイズ可能なビューなど)を提供する。デフォルトで表示されるインターフェースはいくつかのメニューバー項目だけなので、電子メールメッセージの閲覧、作成、返信に集中できる。

3: WriteRoom

 現代のビジネスユーザーは、多くの機能を同時に管理する重圧に苦しみながら、複数の仕事を一度にこなすプロフェッショナルだ。もちろん、そうしたマルチタスキングが必ずしも能率的であるとは限らない。特に効率が落ちるのが、集中力を求められるタスクやプロセスを完了する必要があるときだ。

 Hog Bay Softwareの「WriteRoom」(画像C)は、筆者が昔から気に入っているOS Xアプリケーションの1つだ。全画面モードで実行すると、電子メールアラートをはじめとする通知など、ユーザーの集中力を乱して作業を引き延ばす誘因になるものが表示されなくなる。

画像C
Figure_C

 機密性の高い電子メールの下書き、複雑なメモの作成、レポートの文章の準備、メモやそれに類似した情報の記録などを行う必要があるときは、WriteRoomを利用しよう。集中力を削ぐ情報を遮断して当面のタスクに集中するための安価(9.99ドル/日本では1000円)な手段だ。ほかのワープロアプリやメモ作成アプリは、多くの場合不要な追加機能(数式編集、メールマージ操作、目次や脚注の作成など)が大量に搭載されているものもあり、苛立ちを覚えることや、扱いにくいことがある。一方、WriteRoomは基本的な操作にうまく対処している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]