編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

オージス総研など、業務システムとのスマートデバイス連携策--ESBを活用

NO BUDGET

2014-08-28 08:30

 オージス総研とNCデザイン&コンサルティング(NCDC)は8月27日、共同で企業のスマートデバイス活用を支援する「モバイルESB(Enterprise Service Bus)ソリューション」の提供を開始した。統合基幹業務システム(ERP)パッケージをはじめとする基幹系システムからクラウドアプリケーションまで、さまざまなシステムとアプリケーションをセキュアにスマートデバイスと連携できるという。

 同日からオンプレミス版の提供を開始しており、9月に基本パッケージへの認証連携機能の追加オプションを予定、10月にクラウド版の提供を予定している。オンプレミス版のコア機能部分の年間利用料は基本構成で420万円から。モバイルアプリの画面と周辺機能の追加には有償の個別開発が別途必要としている。

モバイルESBソリューションのイメージ
モバイルESBソリューションのイメージ(オージス総研提供)

 スマートデバイスの普及が進んでいるが、基幹系システムとの連携では「スマートデバイスを活用した新たな業務設計が難しい」「既存システムとの連携が難しい」「モバイルアプリの設計は未経験」などの理由から困難さを感じている企業も多いのが現状と指摘している。

 こうした課題に対し、オージス総研が持つシステム連携基盤の構築や運用の実績と経験、NCDCの持つ活用業務コンサルテーションからモバイルアプリ開発の実績と経験を組み合わせ、効果的な活用提案からシステム構築、運用までをワンストップで提供し、新たな業務スタイルの確立を支援するという。

 NCDCがスマートデバイスの活用コンサルティングやモバイルアプリ開発を、オージス総研がシステムアーキテクチャの設計コンサルティングや連携基盤構築、システム実装を担当する。標準として下記の2製品と両製品のコネクタが用意されている。

  • AppPot=エンタープライズBaaS(Backend as a Service):モバイルアプリの開発に必要な認証やデータ同期、暗号化、データベース自動生成などの機能を提供する
  • Mule ESB:企業内システムやクラウドサービスと連携できる100種類以上のコネクタを備えた連携基盤

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]