編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

2014年のM&A、2000年のピークに迫る勢い

CNET News staff  翻訳校正: 編集部

2014-10-06 12:14

 IT分野のリサーチおよびアドバイスを手がける451 Researchによると、IT業界での合併や買収(M&A)が大幅に増えており、2014年には、市場が急落する前にピークを迎えた2000年以来の規模になりそうだという。

 2014年第3四半期には、世界中のテクノロジ、メディア、通信業界で発表されたM&Aの総額が1000億ドルに達し、第3四半期としては景気後退時以来の記録だと451 Researchは述べている。また、発表された取引の数は1020件にのぼり、2007年以来初めて1000件を超えた四半期となったという。

 1000億ドルという数字は、2013年の第3四半期と比べて25%近く増加しており、2012年同期における総額のほぼ2倍となっている。

 また451 Researchによると、2014年第1四半期から第3四半期までのM&Aの総額は3730億ドルを超え、2012年と2013年の第1四半期から第3四半期のM&A合計額よりも多く、2014年通期では5000億ドル近くになるとの見込みだという(その理由の一部には、第1四半期の2月に発表された、Facebookによるインスタントメッセンジャーアプリ企業WhatsAppの190億ドルでの買収案件も含まれている)。なお、2000年通期のM&A総額は6000億ドル近くに達していた。

 FacebookによるWhatsAppの買収に加えて、2014年に最も注目を集めたM&Aとしては、ヘッドフォンメーカーであり、楽曲のストリーミングサービスを提供するBeats ElectronicsをAppleが30億ドルで買収した案件(第2四半期の5月に発表され、Appleによる買収としては過去最大の金額となる)や、サーモスタットや煙感知器といったスマートホーム製品のメーカーであるNest LabsをGoogleが32億ドルで買収した案件(第1四半期の1月に発表)、仮想現実ヘッドセットのメーカーであるOculus VRをFacebookが23億ドルで買収した案件(第1四半期の3月)、人気の仮想世界ゲーム「Minecraft」の開発元であるスウェーデンの企業MojangをMicrosoftが25億ドルで買収するという案件(第3四半期の9月)などがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]